TOP
検索結果

アルファポリスで投稿されているノーチェ小説のランキングです

ノーチェサイトへの掲載条件
▼開く
詳細検索
R指定
フリーワード
ロリ
R指定
R指定なし R15 R18
12
前へ 1
  • 1
    長編 完結 なし
    お気に入り : 2,194 24h.ポイント : 305
    断罪終了後に悪役令嬢だったと気付きました!既に詰んだ後ですが、これ以上どうしろと……!?【続編公開】 「お前は何も悪くはない。だが、爵位も剥奪された。お前を養うことはもうできない。このまま身売りをするよりはマシだろう……」

    号泣する父であり、元ベラスケス公爵を見て、私は唇をかみしめる。確かに私はまだ19歳になったばかりで、もちろん未婚。身売りすることになれば、高値で取引されるだろうと、容姿と美貌を見て自分でも分かる。

    政治ゲームで父は負けた。ライバルであるドルレアン公爵は、父にやってもいない横領の罪をなすりつけ、国王陛下も王太子もそれを信じてしまった。しかもドルレアン公爵の娘カロリーナと私は、王太子の婚約者の座を巡り、熾烈な争いを繰り広げてきた。親同士が政治ゲームで争う一方で、娘同士も恋の火花を散らしてきたわけだ。

    でも最初から勝敗は決まっていた。だってカロリーナはヒロインで、私は悪役令嬢なのだから。

    え……。

    え、何、悪役令嬢って? 今、私は何かとんでもないことを思い出そうとしている気がする。

    だが、馬車に押し込まれ、扉が閉じられる。「もたもたしていると、ドルレアン公爵の手の者がやってくる」「で、でも、お父様」「パトリシア、元気でな。愛しているよ」「お、お父様―っ!」その瞬間、ものすごいスピードで馬車が走り出した。

    だが、激しい馬車の揺れに必死に耐えながら、自分が何者であるか思い出したパトリシア・デ・ラ・ベラスケスを待ち受ける運命は、実に数奇で奇妙なものだった――。

    まさか・どうして・なんでの連続に立ち向かうパトリシア。
    こんな相手にときめいている場合じゃないと分かっても、ドキドキが止まらない。
    でも最後にはハッピーエンドが待っています!
    パトリシアが経験した数奇な運命を、読者の皆様も一緒に体験してみませんか!?

    111話から続編を公開しています。もしよろしければご覧くださいませ(2024/1/15)

    小説家になろうで3月より掲載しており、日間恋愛異世界転生/転移ランキングで22位(2023/05/16)を獲得しているので、きっとお楽しみいただけると思います。こちらのサイトでも続編更新が追いつくよう、投稿作業頑張ります。本サイトでは初投稿でいまだ緊張中&手探り状態。温かく見守っていただけると幸いです。第4回HJ小説大賞前期の一次選考通過作品。

    ◆模倣・盗用・転載・盗作禁止◆
    (C)一番星キラリ All Rights Reserved.
    文字数 377,164 最終更新日 2024.1.31 登録日 2023.5.13
  • 2
    長編 完結 R18
    お気に入り : 61 24h.ポイント : 85
    やさぐれ美形エルフに○○を注入されないと異世界で生きていけません!【R18】 「だからさ。オレにとってお前と付き合ってるメリットはもうないってことなんだよね」
     内気で内罰的なフリーター、音無ぴあのはその日、親友に彼氏を寝取られた。消沈して帰る途中に「二人とも雷にでも撃たれればいいのに」と願ってしまう。その瞬間、自分が本当に雷に撃たれてしまったぴあのは自分が元居たのとは違うどこかの世界に転移し、いばらの迷宮の中で怪植物に追われ、その体に何かを植え付けられてしまう。もうだめだ、と思ったその時、とても美しい男エルフのヴォルナール率いる元勇者パーティに助けられ、一命をとりとめるぴあのだったが、その体には深刻な後遺症が残ってしまった。どうやら、モンスターを産むための苗床にされかけた際、定期的に男の○○を摂取しないと頭が変になってしまう体に作り替えられてしまったらしいのだ。知らない世界に一人放り出されたぴあのが頼る相手はヴォルナールたちしかいないが、ヴォルナールはぴあのを連れて行くことにあまり積極的ではないようで……。
     男やもめのやさぐれエルフ、ヴォルナールと不幸に愛された女、ぴあのの冒険恋愛ストーリーです。
    文字数 139,110 最終更新日 2024.2.19 登録日 2023.12.25
  • 3
    長編 完結 R18
    お気に入り : 34 24h.ポイント : 63
    『コスパがいいから』で選ばれた幼妻ですが、旦那さまを悩殺してみせます! 斜陽の王国のみそっかす王女クレアは羽振りのいい新興国の代表者『護国卿』フレデリック・ハウトシュミットに嫁ぐことになった。国王の目の前でフレデリックが『幼い少年少女しか愛せない』と衝撃発言をかましたため、13歳のクレアしか嫁げるものがいなかったのだ。何の取り柄もないからせめて彼好みの妻になろうと悲壮な覚悟で初夜に臨むと、彼は真面目な顔でこう言い出した。
    「僕もう26歳だし、僕に合わせたところで確実に先立つけどその後のプランはちゃんと練れてるの?結婚という人生最大の大博打でオールインなんて馬鹿のすることだよ。『僕好み』って賢くなるってことだけどそれでいい?」
    自称『少年少女の健全な成長愛好家』な彼に鬼教師として健全に育成されること5年、フレデリックが「そろそろ離婚しようかなって。政略結婚の旨みは吸ったし白い結婚だから彼女の不名誉にもならないでしょ」と話すのを聞いてしまったクレアは彼を襲うことを決意する。
    恋愛トラウマ持ち教師気質なお兄さん(NOTロリコンYES子ども好き)×性欲マシマシ押せ押せ幼妻のおにロリ歳の差マイフェアレディものです。
    ※性描写はヒロイン成長後・終盤のみです。
    ※R-18回には『*』をつけます。
    文字数 153,824 最終更新日 2024.2.25 登録日 2024.1.30
  • 4
    短編 完結 R18
    お気に入り : 40 24h.ポイント : 49
    アギナルドがミネルヴァと始めて出会ったのは、里の中の唯一の病院である医療棟の新生児室だった。

    医師見習いとして働き始めていたアギナルドは、赤子たちの健康チェックのために先輩医師マルクスに付き添って訪れたその足で、運命の出会いを果たした。

    オギャーオギャーと泣く数人の赤ん坊が並んでいるその端っこにいた、一際可愛らしい光り輝くような存在の赤子を見た瞬間に、ズキューン、と心臓が撃ち抜かれて瞬殺されたかのような衝撃が走ったのと同時に、いきなり股関が膨らみ爆発して、アギナルドは服の中に白濁を撒き散らしていた。

    新生児に一目惚れした男とそのトンデモ恋に巻き込まれた少女が番になって家族になる話。



    【注意】冒頭のみ少し小児性愛(ペドフィリア)表現注意。
    ⚠赤ちゃんに欲情しているので苦手な方は大注意⚠
     冒頭での本番行為はないです。

    【注意】強姦回あり注意。アナルいじり(本番なし)注意。

    ※ムーンライトノベルズにも掲載。R15版が小説家になろうにあります。
    文字数 13,263 最終更新日 2023.9.18 登録日 2023.9.18
  • 5
    短編 完結 R18
    お気に入り : 351 24h.ポイント : 35
    7/23EX 前日譚にあたる「EX」を更新しました!

    生後1014日目。突然自分の前世を思い出したわたしですが、どうやら異世界転生というのをしていたらしいです。
    前世で地方公務員だったわたしは、29歳で「年齢=彼氏いない歴」のまま死んでしまいました。
    前世を思い出したとはいえ生活環境がかわることもなく、わたしはそれまで通りファンタジー世界で底辺貴族のご令嬢として楽しく暮らしていましたが、生後2500日を過ぎた頃、未だ幼女なわたしに結婚話がまいこみまして……。
    で、そのお相手が、20歳ほどの美形な公爵さまだというじゃないですか。
    いくら美形でも、ロリコンは嫌です。それに公爵さまが底辺貴族の令嬢であるわたしに結婚を申し込むのも、なんだかあやしいですしね。
    ですが、お話しだけでも……と思って会ってみた公爵さまはとても素敵な人で、前世でも今世でも男性なれしてないわたしは、会うたびに彼に惹かれてしまい……。

    追加のEX 「スキル:直感」は、フレイクがココネに「結婚を申し込むきっかけ」になったエピソードです。
    なぜココネに幼女には難しい言葉づかいで話しかけているのかも、なんとなくわかると思います。

    終盤に、精神は大人ですが身体は幼女な主人公のR18シーンがあります。
    ご注意ください。

    ※2024年1月から少し文章を修正しました。内容は変わっていません。
     以前より読みやすくしてみました。
    文字数 28,309 最終更新日 2022.7.23 登録日 2022.7.11
  • 6
    長編 完結 R18
    お気に入り : 36 24h.ポイント : 14
    ここはコンステンサ帝国の東端の街ムガル。
     ムガルの山を一つ越えればもう隣のエストラード皇国になるという国境沿いの小さな街だ。
     そんな街の森の奥に小さな家があった。
     森は鬱蒼とした茂みに覆われここを訪れる人はよほどの事情がない限りは近寄らない場所だった。
     そこにはカロリーナという魔女が住んでいるという話はこの辺りの人間なら誰でも知っている事だった。
     コンステンサ帝国は周りの国より特に発展した大きな国で異国の色々な情報がいちばん先に入って来るいわば最先端の国だった。
     現在の帝王はクレティオス帝で、カロリーナは先々代のアウストリア帝の娘で、エストラード皇国の初代の皇王ジョセフコールの聖女となりその後妻になった女性だった。
     代々コンステンサ帝国の王族は魔力がありカロリーナも例外ではなかった。
     だが、ジョセフコールが殺されて国交は断絶した。
     だがエストラード皇国の先代のコステラート皇王の代になると、彼がとても温厚な人間だと知りクレティオス帝もエストラード皇国の資源が欲しかったため国交を復活させる。
     友好の証としてクレティオス帝の側妃の娘アドリエーヌ王女を聖女としてエストラード皇国に行かせることに。
     エストラード皇国は火の出る水、石炭、鉄鉱石と資源の豊かな国でとてもいい貿易相手だった。
     だが、アドリエーヌが護衛兵カールと恋に落ちてしまう。純潔を失ったら聖女ではいられなくなる。
     その時アドリエーヌは妊娠していて投獄されて子供を産むとすぐに亡くなってしまう。
     その子供がシャルロットだった。
     シャルロットはカロリーナが育てる事になる。
     カロリーナはその時もう100歳にもなっていて魔女となり薬を作りながらシャルロットを育てる事に。
     アドリエーヌの最後の願いをかなえて恨みを捨てシャルロットを育てる事にすべてを注ごうとした。
     そして現在、森の奥深くに住む120歳の魔女の所には、医者に見放された病、恨みを抱えた人など魔女を頼る人が後を絶たなかった。
     だが、カロリーナが助けるのは絶対に善良な人たちだけ、決して悪い行いはしなかった。
     そう、彼女は別名白き魔女とも呼ばれていた。
     そしてカロリーナのところに若い娘が一緒に暮らしていることはほとんど知るものはいなかった。
     その女性の名前はシャルロット。
     魔力を封印された見習いの魔女だった。
     ℞18での再投稿です。お話は全てフィクションです。
    文字数 176,047 最終更新日 2024.2.17 登録日 2024.1.17
  • 7
    長編 完結 R15
    お気に入り : 907 24h.ポイント : 14
    【完結】転生令嬢は逃げ出したい~穏便に婚約解消されたのにバッドエンドの監禁魔が追ってきます。 「リザ、別れよう」
    すらっとした細身に美しい金髪、愁いをおびた私の婚約者、セド王子から婚約破棄を言い渡されました。
    全然おっけー。
    だってこれは全部私が仕組んだことなのですもの。
    これで当て馬追放→王室薬師に下げ渡され→監禁→ヤバい薬漬けの極悪バッドエンドは、きっと回避できたはず。
    あとはセドからたっぷり破談金せしめ……頂いて、買った薬局で毎日通ってくる『血まみれ筋肉』……じゃなかったお客様たちを愛でて悠々自適に暮らすのです!
    ……と思ってたのに、なぜか監禁ルートの張本人、王室薬師カーティスがついてきた!

    極悪バッドエンドから逃げ出したい転生令嬢リザが、執着系薬師カーティスの魔の手にポロリと落ちるまでの、ケンカップル恋愛事情。

    ーーー
    R15版完結しました。
    完結後、猫の日のSSを一番最後に移動しました。
    以前のおまけを6話目から変更して婚姻編R15ギリギリ版を追加しました。
    ケンカップルが書きたい一心で書いています。
    恋愛小説大賞に登録してますので合わせてよろしくお願いいたします。
    文字数 118,153 最終更新日 2022.4.3 登録日 2022.1.31
  • 8
    短編 完結 R18
    お気に入り : 51 24h.ポイント : 14
    【完結】ショタコン冒険者は合法ショタを求めてS級冒険者になった。※R18 【完結】
    ショタコン冒険者がドワーフの里は合法ショタの楽園と信じて努力を重ねS級冒険者を目指した結果。のお話。

    ドワーフの里では大人なのに子供の様な見た目で男らしくない、みすぼらしいと言われるエミルと聖女様の執筆し広めたオタ文化のショタコンに狂うS級冒険者のルシアのお話。

    ※ゆるゆる設定です。
    ※ここに出てくるショタコン・ロリコンはあくまでもこの物語内のショタコン・ロリコンを指すものであり、現実のショタコン・ロリコンを指すものではありません。
    文字数 28,542 最終更新日 2023.8.4 登録日 2023.8.2
  • 9
    長編 完結 R18
    お気に入り : 745 24h.ポイント : 14
     転生者であるサーシャは、文明の未熟な異世界で繰り広げられる戦争が嫌だった。

    「略奪ではなく、経済交流をいたしましょう?」

     サーシャは、国を動かすため貧乏貴族ケント・ルンデル、ルンデル伯爵家の三男と婚約を交わす。 お互いに恩恵を与え、利益を与えあったはずだった。

     だが、ケントはサーシャを裏切った。
     隣国の姫君カロリーネと愛を交わしソレを見せつけこう言うのだ。

    「俺達は運命で結ばれている」
    「私達は愛し合っているの」

    「「だけど、婚約破棄は認めない」」

     婚約者と姫君が口をそろえて笑いあう。
    文字数 180,666 最終更新日 2022.2.11 登録日 2022.1.25
  • 10
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 84 24h.ポイント : 14
    宮殿で紡がれる愛と運命~王子と5人のメイド達とのハーレム生活~ 王子と5人の専属メイドたちとのハーレムストーリー
    王国エメラルドの宮殿では、王子ユウは甘い香りが漂う贅沢な暮らしを送っていた。
    幼い頃から自分の宮殿で育ち、5人の専属メイド達と共に過ごす日々。
    (メイド見習いのリリ)ユウの妹的存在であり、元気で愛嬌たっぷりの笑顔が印象的な可愛らしい女の子。
    (音楽メイドのアヤ)金髪のスレンダー美人で妖艶な雰囲気を持つユウの姉的存在。
    (料理メイドのミサキ)ユウとは幼馴染で、短い黒髪とボーイッシュな外見。
    (園芸メイドのサクラ)彼女はユウの母親的存在で、おおらかな笑顔が魅力。
    (メイド長のミユ)冷静で真面目な性格で学識が豊富。メガネをかけた小柄な美少女。ユウの教育役を務める。
    ユウと彼を取り巻く個性豊かなメイドたちの賑やかな日常が続いていたが、ユウにソレイユ帝国のエレナ皇女との婚約話が上がる。その婚約までにユウはエレナ皇女をリードできるよう、5人のメイド達と女性経験を学ぶこととなる。
    R18には※つけます。
    文字数 118,995 最終更新日 2024.2.5 登録日 2024.1.16
  • 11
    短編 連載中 R15
    お気に入り : 18 24h.ポイント : 7
    冷たい月を抱く蝶 『毎夜、貴方は私を抱く。そこに愛はないのに、私は貴方の愛を求めてしまう……』
    *身よりがなく孤児だった少女を引き取った貴族の青年。やがて彼は少女を育てていくにつれて、ある想いを抱いた。それは、狂おしくも切ない狂気に満ちた禁断の愛。歪んだ愛の果にあるのは幸せか、それとも…――。

    (禁断のロリータ・ラブロマンス!)


    【イラスト・ノーコピーライトガール】
    文字数 22,897 最終更新日 2023.8.29 登録日 2022.3.11
  • 12
    長編 完結 R15
    お気に入り : 165 24h.ポイント : 0
    義姉に婚約者を奪われ、婚約者と継母に騙された挙句、殺されたカロリーナ。
    霊体になり、元婚約者を殺した事がきっかけで悪霊の仲間入りに。

    悪霊になった事で好き勝手していたが、ある日、神様を名乗る丸々太った白スズメに出会い渋々転生。

    転生先で出会ったのは、まさか元婚約者の子供の子供(孫)。
    そして、何故かこの孫が私に執着しだして……

    過去に囚われ中々正直になれない令嬢と、どこか怪しげな雰囲気が漂う令嬢が気になって仕方ない令息とのお話。
    文字数 32,765 最終更新日 2022.9.18 登録日 2022.9.4
12
前へ 1