TOP
検索結果

アルファポリスで投稿されているノーチェ小説のランキングです

ノーチェサイトへの掲載条件
▼開く
詳細検索
R指定
フリーワード
ファンタジー
R指定
R指定なし R15 R18
184
前へ 1 2 3 4 5 次へ
  • 1
    短編 完結 R18
    お気に入り : 488 24h.ポイント : 21,436
    巻き込まれ召喚されて放っておかれそうになった私を救ってくれたのは、筆頭魔導師のルゼド・ベルダー様。
    エリート魔導師でメガネも似合う超イケメン、聖女召喚に巻き込まれた地味子で社畜な私とは次元の違う別世界の人。
    ……だと思っていました。



    ※ヒロインは喪女のせいか鈍感です。

    ※予告無しでR18シーンが入ります(本編で挿入行為はありません、濃厚な愛撫のみ。余力があったら本番行為のおまけ話を投稿します)。短い話です、8話で完結予定。

    ※過去に前半部分が似た内容の現代物小説を投稿していますが、こちらは異世界ファンタジーならではの展開・結末となっております。

    ※2024年5月25日の近況ボードもご確認ください。

    ※まだはっきりと決まっていませんが後日こちらの話を削除し、全年齢版に改稿して別サイトで投稿するかもしれません。

    ※設定ゆるめ、ご都合主義です。
    文字数 24,931 最終更新日 2024.5.29 登録日 2024.5.25
  • 2
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 3,939 24h.ポイント : 18,432
    ブレメンス王国で、聖女の役割を幼い頃から担ってきたソフィア=トリプレート公爵令嬢。
    彼女はある日、舞踏会の最中で呼び出され、婚約者と実の妹に『要らない物』と宣言された。それだけじゃない。第二王子の婚約者という立場も、聖女の立場も彼女は寄越せと言うのだ。

    しかし、ソフィアの心の中は傷つくでもなく、抵抗の一つも見せなかった。なにせ彼女の出会いはソフィアにとっては願ったり叶ったりだったのだ。
    そして内心では喜び勇んで、生まれ育ったクソみたいな国――地獄を出て行くのだった。

    ******
    ・書き方の変更のため、再稿。3人称から1人称になっています。
    文字数 99,843 最終更新日 2024.5.30 登録日 2024.1.17
  • 3
    短編 連載中 R15
    お気に入り : 248 24h.ポイント : 4,807
    父を亡くした幼き王子クランに頼まれて王妃として召し上げられたオーラリア。
    流行病と戦い、王に、国民に尽くしてきた。

    異世界から現れた聖女のおかげで流行病は終息に向かい、王宮に戻ってきてみれば、納得していない者たちから軽んじられ、冷遇された。

    夫であるクランは表情があまり変わらず、女性に対してもあまり興味を示さなかった。厳しい所もあり、臣下からは『氷の貴公子』と呼ばれているほどに冷たいところがあった。

    そんな彼が聖女を大切にしているようで、オーラリアの待遇がどんどん悪くなっていった。


    自分の人生よりも、クランを優先していたオーラリアはある日気づいてしまった。
    [もう、彼に私は必要ないんだ]と

    数人の信頼できる仲間たちと協力しあい、『離婚』して、自分の人生を取り戻そうとするお話。





    貴族設定、病気の治療設定など出てきますが全てフィクションです。私の世界ではこうなのだな、という方向でお楽しみいただけたらと思います。
    文字数 67,857 最終更新日 2024.5.29 登録日 2024.1.19
  • 4
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 2,734 24h.ポイント : 2,399
    人を踏みつけた者には相応の報いを。

    伯爵令嬢のアリシアは半年後に結婚する予定だった。
    公爵家次男の婚約者、ルーカスと両思いで一緒になれるのを楽しみにしていたのに。

    ルーカスにとって腹違いの兄、ニコラオスの突然の死が全てを狂わせていく。
    義母の願う血筋の継承。
    ニコラオスの婚約者、フォティアからの横槍。
    公爵家を継ぐ義務に縛られるルーカス。

    フォティアのお腹にはニコラオスの子供が宿っており、正統なる後継者を望む義母はルーカスとアリシアの婚約を破棄させ、フォティアと婚約させようとする。
    そんな中アリシアのお腹にもまた小さな命が。

    アリシアとルーカスの思いとは裏腹に2人は周りの思惑に振り回されていく。

    何があってもこの子を守らなければ。
    大切なあなたとの未来を夢見たいのに許されない。
    ならば私は去りましょう。

    たとえあなたに選ばれなくても。
    私は私の人生を歩んでいく。

    これは普通の伯爵令嬢と訳あり公爵令息の、想いが報われるまでの物語。


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    読む前にご確認いただけると助かります。

    1)西洋の貴族社会をベースにした世界観ではあるものの、あくまでファンタジーです
    2)作中では第一王位継承者のみ『皇太子』とし、それ以外は『王子』『王女』としています

    よろしくお願いいたします。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    誤字を教えてくださる方、ありがとうございます。
    読み返してから投稿しているのですが、見落としていることがあるのでとても助かります。

    文字数 163,564 最終更新日 2024.5.20 登録日 2024.1.18
  • 5
    長編 完結 なし
    お気に入り : 2,792 24h.ポイント : 2,222
    貴族であるファーラ伯爵との婚約を結んでいたセイラ。しかし伯爵はセイラの事をほったらかしにして、幼馴染であるレリアの方にばかり愛情をかけていた。それは溺愛と呼んでもいいほどのもので、そんな行動の果てにファーラ伯爵は婚約破棄まで持ち出してしまう。しかしそれと時を同じくして、セイラはその姿を伯爵の前からこつぜんと消してしまう。弱気なセイラが自分に逆らう事など絶対に無いと思い上がっていた伯爵は、誰もいなくなってしまったセイラの部屋を見て…。



    ※カクヨム、小説家になろうにも投稿しています!
    文字数 206,925 最終更新日 2024.5.15 登録日 2024.1.29
  • 6
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 2,128 24h.ポイント : 795
    王女の中身は元自衛官だったので、継母に追放されたけど思い通りになりません アシュレイは前世の記憶を持つ、セレンティア王国の皇女だった。後ろ盾もなく、継母である王妃に体よく追い出されてしまう。
    表向きは外交の駒として、アラウァリア王国へ嫁ぐ形だが、国王は御年50歳で既に18人もの妃を持っている。
    常に不遇の扱いを受けて、我慢の限界だったアシュレイは、大胆な計画を企てた。
    それは輿入れの道中を、自ら雇った盗賊に襲撃させるもの。
    サバイバルの知識もあるし、宝飾品を処分して生き抜けば、残りの人生を自由に謳歌できると踏んでいた。
    しかし、輿入れ当日アシュレイを攫い出したのは、アラウァリアの第一王子・アルダシール。

    盗賊団と共謀し、晴れて自由の身を望んでいたのに、アルダシールはアシュレイを手放してはくれず……。
    アシュレイは自由と幸福を手に入れられるのか?

    異世界転生×ラブファンタジー。
    文字数 160,698 最終更新日 2024.5.4 登録日 2023.12.29
  • 7
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 368 24h.ポイント : 688
    今日もふたりの間に会話はほとんど無い。
    でもお茶を出せばこちらを見て「ありがとう」と言ってくれる。
    言葉数は少ないけれど、私に優しい婚約者。
    だから私も、その優しさに応えたい。



    ※2話目まではシリアス風ですがその後はコメディでえっちなお話です。
    ※予告なくエッチな場面(R18エロシーン)がでてきますのでご注意ください。
    ※設定ゆるめ、ご都合主義です。
    文字数 7,331 最終更新日 2022.8.7 登録日 2022.8.5
  • 8
    短編 完結 R18
    お気に入り : 572 24h.ポイント : 646
    【R18】今夜、私は義父に抱かれる 封じられた初恋が、時を経て三人の男女の運命を狂わせる。メリバ好きさんにおくる、禁断のエロスファンタジー。

    一章 初夜:幸せな若妻に迫る義父の魔手。夫が留守のある夜、とうとう義父が牙を剥き──。悲劇の始まりの、ある夜のお話。

    二章 接吻:悪夢の一夜が明け、義父は嫁を手元に囲った。が、事の最中に戻ったかに思われた娘の幼少時代の記憶は、夜が明けるとまた元通りに封じられていた。若妻の心が夫に戻ってしまったことを知って絶望した義父は、再び力づくで娘を手に入れようと──。

    【共通】
    *中世欧州風ファンタジー。
    *立派なお屋敷に使用人が何人もいるようなおうちです。旦那様、奥様、若旦那様、若奥様、みたいな。国、服装、髪や目の色などは、お好きな設定で読んでください。
    *女性向け。女の子至上主義の切ないエロスを目指してます。
    *一章、二章とも、途中で無理矢理→溺愛→に豹変します。二章はその後闇落ち展開。思ってたのとちがう(スン)…な場合はそっ閉じでスルーいただけると幸いです。
    *ムーンライトノベルズ様にも旧バージョンで投稿しています。

    ※同タイトルの過去作『今夜、私は義父に抱かれる』を改編しました。2021/12/25
    文字数 52,437 最終更新日 2021.10.27 登録日 2021.9.12
  • 9
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 1,021 24h.ポイント : 418
    【本編完結しました。今後は本編で書けなかったエピソードとその後のお話を不定期で更新する予定です】

     この世界には、3人の魔王がいる。

     ドSでマザコンの金の魔王と、ツンデレで変態の銀の魔王、そして、童貞でヤンデレの黒の魔王。

     彼らの本性を人間たちは知らない。

     この世界の人間にとって魔王は恐怖の象徴だから。

     私だって、彼らの本性なんて知りたくもなかった。

     一難去ってまた一難。二度あることは三度ある。

     「ギョーギョッギョッギョッギョッッ! それなら貴方様の体液で、マーキングして差し上げればよろしい。さすれば下等な魔物は寄ってこない。さあ、この娘の穴に貴方様のモノをぶっ挿しておあげなさい」

     何? 何? この状況? もしかして、貞操の危機!?

     なぜか魔族の子どもに気に入られ、黒の魔王(童貞)の運命の女性探しを手伝うことに。

     魔王の相手に選ばれてしまうなんて、その女性は災難ですね……。

     ふむふむ、言い伝えによると運命の女性は、3000年に一度たったひとりだけ異世界から転生してくるらしい。

     たったひとりだけ異世界から転生……

     ……それ、私やないかー!!

     ごまかしたいのにすぐバレた。

     運命の相手を捕まえておきたいヤンデレ黒の魔王と、翻弄される転生聖女のちょっぴり(?)淫らで甘々なラブコメディ。

     魔王は3人とも優しいイケメンです。ドSと変態とヤンデレだけど。

     ざまぁは金の魔王と銀の魔王が何やらニヤリとしているよ。

     複数での絡みはありません、魔王なのに一途な王子様系愛の物語。

     大人の女性向けの王道ラブストーリーとなっております。

     予告なしで時々性描写強め。ご都合主義です。設定もゆるふわ、どうかご容赦ください。
    文字数 123,864 最終更新日 2022.3.1 登録日 2020.12.1
  • 10
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 16 24h.ポイント : 342
    神獣の花嫁〜かの者に捧ぐ〜 素肌を伝う舌。触れる唇と吐息。
    「お前を癒やせるのは私しかいない」
    美しき獣が放つ低い声音。
    「赦せ……」
    乞う必要のない赦し。
    受けるは、穢れなき、この身──だから、私が選ばれた?

    【中世の日本によく似た異世界を舞台にした和風ファンタジー】

        *  *  *

    幻想的で素敵な表紙絵は黒冴様[link:crea_u?c=U2FsdGVkX18xXOTc5MDkyNkS1vLRxSrgt3PkjfWqhRWPI1]に描いていただきました!

    他サイトにも掲載していますが、こちら加筆修正したものを投稿しています。
    アルファポリスさんのみのエピソードも追加予定。
    文字数 251,005 最終更新日 2024.5.30 登録日 2024.4.17
  • 11
    長編 完結 R18
    お気に入り : 687 24h.ポイント : 326
    【R18】転生聖女は四人の賢者に熱い魔力を注がれる【完結】 『貴女には、これから我々四人の賢者とセックスして頂きます』――。
     三十路のフリーター・篠永雛莉(しのながひなり)は自宅で酒を呷って倒れた直後、真っ裸の美女の姿でイケメン四人に囲まれていた。
     雛莉を聖女と呼ぶ男たちいわく、世界を救うためには聖女の体に魔力を注がなければならないらしい。その方法が【儀式】と名を冠せられたセックスなのだという。
     今まさに魔獸の被害に苦しむ人々を救うため――。人命が懸かっているなら四の五の言っていられない。雛莉が四人の賢者との【儀式】を了承する一方で、賢者の一部は聖女を抱くことに抵抗を抱いている様子で――?

     ◇◇◆◇◇

    イケメン四人に溺愛される異世界逆ハーレムです。
    タイプの違う四人に愛される様を、どうぞお楽しみください。(毎日更新)

    ※性描写がある話にはサブタイトルに【☆】を、残酷な表現がある話には【■】を付けてあります。
    それぞれの該当話の冒頭にも注意書きをさせて頂いております。

    ※ムーンライトノベルズ、Nolaノベルにも投稿しています。
    文字数 330,164 最終更新日 2023.12.8 登録日 2023.9.17
  • 12
    短編 完結 R18
    お気に入り : 380 24h.ポイント : 326
    父は大企業の社長、自分はお嬢様だと自覚している。
    でも政略結婚は嫌なの、運命の相手と恋がしたい!
    だから婚約破棄をした。その翌日、大学の授業へ向かう途中足元に魔法陣が現れ異世界へ……。
    元の世界に帰りたい、と言う私に時空の番人は告げた。
    「あなたは女性だから、DTPを貯めれば元の世界へ帰れるよ」「DTP?それ何」「何って、童貞ポイント」
    童貞奪った相手の魔力に応じてポイントが貯まるって言われても……。え、魔王の童貞ならひとり分でポイント足りるの?

    ※適当トンデモ設定、内容もふわっふわなお話です。
    ※ほのぼの幸せらぶえっちを深く考えずにお楽しみください。
    ※複数プレイはありません。
    ※一話あたりの文字数は少なめです。
    ※最終話にショートショート風味のちょっとしたオチがあります。
    ※最後の方の4話はヒーロー視点。
    文字数 15,581 最終更新日 2021.4.23 登録日 2021.4.16
  • 13
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 27 24h.ポイント : 314
    【R18】星の檻に囚われて~冷酷な王子は平民の花嫁に愛を知る~ 太陽の国・ソルズ王国の辺境で、平民のミーアは父と二人で農業を営みながら貧しくも穏やかな生活を送っていた。
    ところがある日、ミーアのもとに王室から一通の書状が届く。そこには、第一王子・リオンの妻として城に上がってほしいという信じがたい内容が書かれていた。
    不釣り合いな縁談の裏にある思惑と、隠されてきた秘密、そして冷酷な王子との愛のない交わりにミーアは翻弄されていく。
    文字数 112,709 最終更新日 2024.5.4 登録日 2024.1.25
  • 14
    長編 完結 なし
    お気に入り : 1,506 24h.ポイント : 291
    「フランツお兄様ぁ〜、またソフィアお姉様が私の事を…」「大丈夫だよエリーゼ、僕がちゃんと注意しておくからね」…これまでにこのような会話が、幾千回も繰り返されれきた。その度にソフィアは夫であるフランツから「エリーゼは繊細なんだから、言葉や態度には気をつけてくれと、何度も言っているだろう!!」と責められていた…。そしてついにソフィアが鬱気味になっていたある日の事、ソフィアの脳裏にあるアイディアが浮かんだのだった…!

    ※過去に投稿していた「孤独で虐げられる気弱令嬢は次期皇帝と出会い、溺愛を受け妃となる」のIFストーリーになります!
    ※カクヨムにも投稿しています!
    文字数 134,243 最終更新日 2024.3.6 登録日 2024.1.29
  • 15
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 2,382 24h.ポイント : 269
    乙女ゲームの主人公の引き立て役である出来の悪い妹に異世界転生してしまったミモザ。
    天然無神経な姉、いじめてくる幼馴染、殺意の高すぎる相棒の精霊ー……
    奪われ続ける人生に嫌気がさし、せめて一つだけても奪い返してやろうとゲーム内で唯一ミモザのことを褒めてくれていた最強の精霊騎士レオンハルトへ弟子入りをして反撃へと打って出る。
    狙うのはーー最強の精霊騎士の座。

    ※ファンタジーものです。恋愛要素あります。悪役令嬢ではないですが、ゲームの悪役に転生します。
    小説家になろう様、カクヨム様でも同じタイトルで掲載させていただいています。
    文字数 348,601 最終更新日 2024.3.16 登録日 2023.12.10
  • 16
    長編 完結 R18
    お気に入り : 1,048 24h.ポイント : 262
    【2/7完結】辺境伯様と白い結婚~敵国の王女のはずが旦那様の甘やかしが止まりません~ 2/7完結です。

    リンデンバーグ国の第5王女ロザリアは、王族でありながら兄弟姉妹から虐げられ、国王からも見捨てられ、半ば幽閉されているような生活を送っていた。

    12歳の時、こっそり城を抜け出した先で自国と隣国の戦に巻き込まれた際、隣国の辺境伯テオドールに命を助けられる。
    その2年後…戦はリンデンバーグの敗戦で幕を閉じ、敗戦国の王女として辺境伯へと嫁ぐ事になったロザリア。

    誰でもいい、ここから連れ出してくれるならーー

    しかし嫁いだ先では想像もしていなかった、辺境伯から甘やかされる日々が待っていた。

    このお方の為に生きたい。


    敵国の王女だったのに溢れるほどの愛情を注いでくれる…旦那様を幸せにする為に日々奮闘するロザリア。
    そんな妻をひたすら甘やかしたいテオドール。

    しかしロザリアには彼女も知りえない秘密があって…?

    不遇の人生を生きてきた王女が愛を知り、幸せな人生を掴む為に奮闘する異世界恋愛ファンタジーです。

    第17回恋愛小説大賞(ノーチェ)エントリー作品です。
    感想、応援などお待ちしております!

    ※R18は番外編初夜のみとなります。
    ※若干、戦の場面などで戦いの表現あり。
    ※ご都合主義の完全なる創作物なので、ゆるい目で読んでやってください。
    ※健気な主人公が大好きな方は応援よろしくお願いします。
    ※最後はハッピーエンドです。
    文字数 115,351 最終更新日 2024.2.7 登録日 2024.1.25
  • 17
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 64 24h.ポイント : 220
     ある日、トゥルエノ王国に一通の親書が届く。それは北部統一を果たしたシュネーヴェ王国から送られてきたもので、現国王の甥であるレオンハルト・パウル・ヴァステンブルクと、トゥルエノ王国の王女との婚姻を望むものだった。
     会ったこともない相手との間に持ち上がった縁談話に、王女であるルシアナ・ベリト・トゥルエノは頭を悩ませる……というようなことは一切なく、己の気の向くまま、流れのまま、ルシアナはマイペースに異国での生活を始めるのだった。


    ●この作品は他サイトにも投稿しています。
    ●R-18の話には「※」マークを付けています。
    文字数 489,183 最終更新日 2024.5.27 登録日 2024.1.20
  • 18
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 91 24h.ポイント : 205
     クローディア・レティスティアは魔法使いだ。
     魔法の天才ともいえるほどの技量を身に着けた彼女は、「精霊のいたずら」という傷を持つ令嬢。精霊のいたずら――精霊に対価をささげる際に何らかの不備が起きて精霊につけられた傷は、忌むべきものとされる。
     結婚など半ば諦め、このまま実家の森でいつまでも狩猟採集の日々を続けられたら。
     そんな希望もむなしく、クローディアはあろうことかルクセント王国王子・アヴァロンの妻になる。
     そして、その地位は、クローディアの望むものからは程遠かった。

     甘味を対価として精霊に願うことで魔法を使える世界にあって、ルクセント王国の王族の女性は魔法を使ってはいけない。その決まりは、王子に嫁いだクローディアにも適用された。
     魔法を使えず、これまでとはかけ離れた生活。
     けれど不幸中の幸いというべきかアヴァロン王子が見向きもしないことをいいことに、クローディアは城を抜け出し、森で魔物対峙にいそしむ。

     そんなある日、クローディアは勝てない魔物と遭遇し、逃げる先でアヴァロン率いる討伐隊に出くわしてしまう。協力して魔物から逃げることに成功するも、去り際に精霊がいたずらをしてクローディアはアヴァロンにフードの奥の瞳を見られて――

     「スミレの乙女」と呼ばれるクローディアとアヴァロン王子が、幸福な未来をつかみ取るまでの物語。

    ※小説家になろうでも投稿しています。
    文字数 267,895 最終更新日 2024.5.13 登録日 2024.1.5
  • 19
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 323 24h.ポイント : 205
    大変申し訳ありません。
    書籍化に伴い、5/31引き下げ予定です。
    続きは「小説家になろう」様にて公開させていただきます。

    私の名前は、アリア・フルール。公爵令嬢。
    ある日突然甦った記憶は、私の生きているこの世界が、とある腐女子向け18禁BLゲームの世界であるということ。

    公爵家の御子息と婚約?
    ――いえいえ、貴方が好きなのは、三年後に再会予定の主人公(美少年)のはずですよね!?
    でしたら偽装婚約致しましょう。
    だって、"私"が望むのは、イケメン同士のアレコレを、自分自身が見ることだもの!
    "私"が恋愛したいわけじゃない!
    だったらこんな美味しい立ち位置、他の誰にも譲れませんっ!

    この物語は、BL大好き腐女子の少女が、自分好みのカップリングを作るべく奮闘していたところ、気づけばその婚約者から溺愛され、みんなに愛されていく恋愛ファンタジー。

    ▷▷▷一章▷▷▷登場人物紹介編。

    ▷▷▷二章▷▷▷「アイツはどうしてすぐに厄介事に首を突っ込むんだ」「アイツが誰かに傷つけられるのは許せない」「お前、その無自覚どうにかしろ!」
    どうして"大親友"になってるの!?ここはBLゲームの世界でしょ!?

    ▷▷▷三章▷▷▷「好きだ。愛してる」「お前は、オレのものだ」「誰にも渡さない」
    その言葉、本当は、私に向けられるものじゃないのに――!

    ▷▷▷四章▷▷▷「お前とこうしている為なら、オレは神にも逆らってみせる」"ゲーム"の続編!?嘘でしょう!?

    ++++++

    R18展開は三章に入ってからになります。
    R18シーンには☆マークをつけておきますので、苦手な方は読み飛ばして頂いても問題ありません。

    他サイト様にも掲載しております。
    文字数 1,296,671 最終更新日 2024.5.20 登録日 2023.1.25
  • 20
    短編 完結 R15
    お気に入り : 958 24h.ポイント : 191
    「出来損ないのあの子をあなたの代わりとして嫁がせましょ。あんなところに嫁いだら何をされるか分からないもの」

     小国アーレンス王国は突如隣国シュナイダー帝国の侵略を受け、城を呆気なく制圧された。
     アーレンス城を制圧したのは冷酷無慈悲な帝国の魔道将軍オスカー・シュナイダー公爵。
     アーレンス王国は無条件降伏を受け入れ、帝国の支配下へと下る。
     皇帝が戦利品として要求してきたのは、アーレンス王国第一王女エリーゼの身柄。皇帝の甥っ子であるオスカーのもとへ嫁がせるためであった。

     だが、可愛い我が子をそんな非情な男のもとへなど嫁がせたくない第一王妃アーレンスは、第二王妃の子であるフローラをエリーゼの身代わりとして帝国に差し出すのであった。

    ⸺⸺

     毎日虐められているにも関わらず、心優しく育ったフローラには、不思議な力があった。だがそれは誰にも気付かれることなく、彼女自身も無自覚であった。
     そんなフローラがオスカーのもとへ嫁いだことで、アーレンス城には悲劇が起こることとなる。
     一方で拷問覚悟で嫁いだフローラに待っていたのは……?

    ※エールありがとうございます!
    文字数 44,615 最終更新日 2024.2.16 登録日 2024.1.31
  • 21
    長編 完結 R18
    お気に入り : 952 24h.ポイント : 149
    実母を亡くし、父と再婚した義母とその連れ子の義妹に虐げられていた伯爵令嬢アリッサ・テュール・ヴェラは、許嫁であるリンカルネ王国の国王ヨアヒム・グラントロ・リンカルネの結婚式の最中、その身に突如として謎の刻印をきざまれてしまう。

    人々はそれを悪魔とつがった証と糾弾し、アリッサは火あぶりにされることに。

    しかしそんなアリッサを救ったのは、魔術師で構成される銀竜騎士団の副団長、シュヴァルツだった。

    アリッサの体に刻まれた刻印は、色欲の呪紋と呼ばれるもので、これを解呪するには、その刻印を刻んだ魔術師よりも強い魔力を持つ人物の体液が必要だと言われる。

    そしてアリッサの解呪に協力してくれるのは、命の恩人であるシュヴァルツなのだが、彼は女嫌いと言われていて――

    ※R18シーンには★をつけます
    ※ムーンライトノベルズで連載中です
    文字数 118,507 最終更新日 2024.1.19 登録日 2024.1.1
  • 22
    長編 完結 R18
    お気に入り : 450 24h.ポイント : 149
    第17回恋愛小説大賞にエントリーしています。

    オルランディア王国の片隅にある、メルカトという田舎町の、町はずれの森の中にある一軒家。
    刺繍専門のお針子ナディアは、そこで一人で暮らしていた。
    娼婦の娘と蔑まれているナディアは、七年前に育ての親のおばあちゃんが亡くなり、そのすぐ後に婚約者のサミーが徴兵されてしまってから、仕事以外で会話をする人もいない。

    必ず帰ってくると固い約束を交わしたサミーは、魔物討伐で活躍したことで平民ながらも英雄将軍と呼ばれるようになっていた。

    そんなある日、サミーが結婚するという記事が大きく新聞に掲載され、ナディアの心は砕けてしまった。
    傷心のナディアが家に帰ると、庭先に黒い大きななにかが落ちていた。

    熊でも魔物でもないそれには、若い男性の顔がついていた。



    それぞれ別の意味で捨てられた男女が惹かれあっていくお話です。

    最後はハッピーエンドになります。

    R18シーンは予告なくはいります。

    毎日8時と20時に更新します。

    ムーンライトにも投稿しています。
    文字数 184,871 最終更新日 2024.1.1 登録日 2023.8.5
  • 23
    長編 完結 R18
    お気に入り : 234 24h.ポイント : 142
     ルイーゼ=アーベントロートはとある国の末の王女。複雑な呪いにかかっており、訳あって離宮で暮らしている。
     ある日、彼女は不思議な夢を見る。それは、とても美しい男が女を抱いている夢だった。その夜、夢で見た通りの男はルイーゼの目の前に現れ、自分は魔術師のハーディだと名乗る。咄嗟に呪いを解いてと頼むルイーゼだったが、魔術師はタダでは願いを叶えてはくれない。当然のようにハーディは対価を要求してくるのだった。
     解呪の過程でハーディに恋心を抱くルイーゼだったが、呪いが解けてしまえばもう彼に会うことはできないかもしれないと思い悩み……。

    「君は、おれに、一体何をくれる?」

     呪いを解く代わりにハーディが求める対価とは?

     強情な王女とちょっと性悪な魔術師のお話。
     

    ※ほぼ同じ内容で別タイトルのものをムーンライトノベルズにも掲載しています※
    文字数 104,289 最終更新日 2024.2.20 登録日 2024.1.29
  • 24
    長編 完結 R18
    お気に入り : 6,084 24h.ポイント : 142
    絶倫騎士さまが離してくれません! 旧題:拝啓お父さま わたし、奴隷騎士を婿にします!

    幼いときからずっと憧れていた騎士さまが、奴隷堕ちしていた。

    〈結び〉の魔法使いであるシェリルの実家は商家で、初恋の相手を配偶者にすることを推奨した恋愛結婚至上主義の家だ。当然、シェリルも初恋の彼を探し続け、何年もかけてようやく見つけたのだ。
    奴隷堕ちした彼のもとへ辿り着いたシェリルは、9年ぶりに彼と再会する。
    下心満載で彼を解放した――はいいけれど、次の瞬間、今度はシェリルの方が抱き込まれ、文字通り、彼にひっついたまま離してもらえなくなってしまった!

    憧れの元騎士さまを掴まえるつもりで、自分の方が(物理的に)がっつり掴まえられてしまうおはなし。

    ※軽いRシーンには[*]を、濃いRシーンには[**]をつけています。

    *第14回恋愛小説大賞にて優秀賞をいただきました*
    *2021年12月10日 ノーチェブックスより改題のうえ書籍化しました*
    *2024年4月22日 ノーチェ文庫より文庫化いたしました*
    文字数 250,592 最終更新日 2024.4.23 登録日 2021.1.23
  • 25
    短編 完結 R18
    お気に入り : 368 24h.ポイント : 142
    「ジュリアン様、抱いて。そのあと、私を忘れて」
    ルビアナ・コンスタンツは公爵令嬢。
    10歳の時に自分が恋愛ゲーム『あなたの瞳に囚われて』の世界に転生したことに気づく。なんと自分は悪役令嬢だった。そして、同時にチートな能力も発現した。
    その能力で、婚約者のジュリアン王子を虜にしているから、聖女が現れても、ジュリアンは見向きもしない。
    幸せだけど、ちょっと切ない日々。
    しかも、ルビアナはまもなく、ジュリアンから離れなければいけなくて。思いつめた彼女は――。
    文字数 21,564 最終更新日 2024.3.12 登録日 2024.3.9
  • 26
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 90 24h.ポイント : 134
    見習い魔術師のマノンは師である魔塔主の使いでとある鉱石を買い付けに、西方の開拓地ラルゴ―へ向かっていた。
    ラルゴ―は出会いの地だという。そのラルゴ―でマノンはとある旅人が気になって仕方がなかった。
    急に悪くなった天候に、ずぶ濡れお化けみたいになったその男、ダリルは記憶喪失だという。記憶も寄る辺もない彼がどうしても気になり、おせっかいを焼きたくなってしまったマノンは宿をとっていないというダリルとともに二人なら泊まれるという逢引き宿に向かうのだが、そこで何もないわけもなく……。

    記憶喪失ヒーローと世話焼きヒロイン、ときどき師匠。

    ※濡れ場が書きたい作者の欲求不満解消用の不定期な話。
    ※R18注意。
    ※誤字脱字指摘はよっぽど目に余る場合のみ、近況ボードまでどうぞ。
    ※ムーンライトノベルズ様にも重複投稿させていただいております。

    無断転載は犯罪です。マジで。人としてやってはいけないことは認識してくださいね。
    文字数 37,775 最終更新日 2024.5.26 登録日 2024.5.9
  • 27
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 83 24h.ポイント : 127
    シンデレラの義姉は悪役のはずでしたよね? ヒロイン・シンデレラの義姉・ソフィーは、生まれながらに自分の役割を理解していた。
    悪役であり、脇役である自分は幸せにはなれないと。でもそれで構わない。

    表向きは悪役令嬢として振る舞い、王子とシンデレラが結ばれる日を待ち望む日々。
    なかなか上手くいかないときに助け舟をだしてくれたのがエルバートと名乗る魔法使いだった。

    シンデレラの恋のキューピットをしてもらう代償は――妻になってくれ!?

    魔法使いだと思ったら皇帝ってどういうことですか!?
    ここはどこなんですか!? 国に返してください!
    ちょっとどこ触ってるんですかセクハラです!!
    とはいえ、頼み事をしたのはこちらだし、しかも他にも条件を提示されて……。
    ――とりあえず、婚約者からはじめましょう……?

    3ヶ月間、期間限定の婚約者でいる間のルールは
    ①毎日の添い寝
    ②キスはエルバートがしたいときに
    ③ソフィーから求めるまで子作りはしない

    3ヶ月後
    ソフィーがエルバートを愛していれば、ソフィーはエルバートの妻になる。
    ソフィーがエルバートを愛さなければ、記憶を消して国へ返してもらえる。

    シンデレラの姉として生きることしかできないソフィーが
    魔法使い兼皇帝に執着&溺愛されて絆されていく話

    タイトル変更しました。
    旧タイトル:『シンデレラの義姉です。魔法使い様から溺愛される予定ではなかったのですが!』

    ◆最後はハッピーエンドにします
    ◆Rシーンあり タイトルに※(後半です)


    ★次回の更新

    文字数 68,517 最終更新日 2024.5.27 登録日 2024.1.28
  • 28
    短編 完結 R18
    お気に入り : 322 24h.ポイント : 127
    国王である義兄様に弄ばれる悪役令嬢の私は彼に溺れていく。
    そして彼から与えられる快楽と愛情で心も身体も満たされていく……。

    ※この物語はフィクションです。

    R18作品ですので性描写など苦手なお方や未成年のお方はご遠慮下さい。
    文字数 32,835 最終更新日 2022.3.21 登録日 2022.3.21
  • 29
    長編 完結 R18
    お気に入り : 198 24h.ポイント : 127
    渡りの乙女は王弟の愛に囚われる 現代日本から異世界へと転移した紗也。
    その世界は別の世界からやってくる人や物を〝渡り〟と呼んで大切にする。渡りの人々は五年間、国の浄化などを手伝うことと引き換えに大切に扱われる。
    十五歳のときに転移した紗也はその五年間を終え、二十歳になっていた。紗也をそばで支え続けた王弟であり魔術師のローレンツは彼女が元の世界に帰ることを望んでいたが、紗也は彼のそばにいたいと願っていた。
    紗也ではなくサーヤとしてこの世界で生きたい、大好きなローレンツのそばにいたい——そう思っていたのに、それを伝えると彼はがっかりした様子で……

    すれ違い年の差ラブストーリー
    文字数 49,869 最終更新日 2024.4.20 登録日 2024.4.18
  • 30
    短編 完結 R18
    お気に入り : 505 24h.ポイント : 120
    黒豹の騎士団長様に美味しく食べられました 子供の時に傷を負った獣人であるリグニスを助けてから、彼は事あるごとにクリスティアーナに会いにきた。だが、人の姿の時は会ってくれない。
    そのことに不満を感じ、ついにクリスティアーナは別れを切り出した。すると、豹のままの彼に押し倒されて――

    イラスト:日室千種様(@ChiguHimu)
    文字数 8,815 最終更新日 2023.6.30 登録日 2023.6.30
  • 31
    長編 完結 R18
    お気に入り : 337 24h.ポイント : 120
    悪女に駄犬は手懐けられない 「俺は『待て』の出来るお利口な犬じゃないです」

    監禁、誘拐、心中……ドロドロとしたヤンデレばかり出てくるR18乙女ゲームの悪役令嬢、スティーリア・レーツェルに転生してしまった主人公。
    自分は、死亡エンド以外ないバッドエンドまっしぐらの悪役令嬢。どうにか、未来を回避するために、一番危険なヤンデレ攻略キャラ・ファルクスを自分が監視できる場所に置いておこうと考えるスティーリア。奴隷商で、彼を買い、バッドエンドルートから遠ざかったように見えた……だが、ファルクスは何故か自分に執着してきて!?

    執着はいりません、バッドエンドルートを回避したいだけなんです!
    しかし、自分はスティーリアの犬だと語る、ファルクスの目には既に執着と欲望が渦巻いていた。

    もしかして、選択を間違えたかも!?

    バッドエンドを回避したい悪役令嬢×執着ワンコ系騎士の溺愛ロマンスファンタジー!


    ※◇印の所はr18描写が入っています
    文字数 179,534 最終更新日 2024.2.3 登録日 2024.1.1
  • 32
    長編 完結 R18
    お気に入り : 378 24h.ポイント : 113
    【R-18】魔王の生贄に選ばれましたが、思いのほか溺愛されました 魔王の生贄に選ばれた村娘・アメリア。大好きな村の人たちに別れを告げ、恐れられる魔王のもとに行ったが、魔王・エデンは思いもよらず優しい人(?)で……。

    2017年頃に書いたものです。お蔵入りになっていたのを忘れていて、せっかく完結まで書いたのでもったいない……と思い供養したくて投稿します。
    現在の作品と、色々文章や作品のノリ(?)など、まったく異なります。心の広い方向けです。

    ※ 表紙はニジジャーニーで生成しました
    文字数 64,021 最終更新日 2022.12.13 登録日 2022.12.6
  • 33
    長編 完結 R18
    お気に入り : 199 24h.ポイント : 113
    その日、食べる物にも困っているリルは
    顔見知りのジャキエ卿から
    お城で働かないかと持ちかけられる。

    胡散臭さを感じながらも、高いお給金に釣られ
    すぐにお城で働くことを決意するリルだったが……。

    やはり上手い話には裏があって⁉︎
    騙されたと気付いた時にはもう遅かった……。

    ⭐︎ミラクルファンタジー官能ラブロマンス⭐︎
    …に、なるかも知れない(^◇^;)

    完結しました‼︎

    *題名を変更しました
    「騙されて結婚させられた件」

    「騙されて結婚したけど溺愛されてます。」
    文字数 86,302 最終更新日 2022.5.4 登録日 2021.8.23
  • 34
    長編 完結 R18
    お気に入り : 152 24h.ポイント : 99
    【R-18】念願の健康を手に入れた転生令嬢にとって婚約破棄も酷遇もどうってことありません。私を恨んでいた仮面騎士に溺愛されて幸せです。 重い病気でほぼ寝たきりだったさららは、稀代の悪女である公爵令嬢シャルロッテに転生する。婚約破棄され、森の中の不気味な屋敷で使用人として働くこととなるが、乳母と暮らす屋敷の主人は転生直後に森で彼女を助けてくれた仮面の男性シュヴァルツであった。
    彼との再会を喜ぶシャルロッテだが、「俺は貴様が大嫌いだ」「復讐のために貴様をこの屋敷へ雇った」と言われ、処女だと信じてもらえないまま強引に抱かれる。
    それでもシャルロッテはシュヴァルツが好きで彼に尽くそうとし、明るく健気に使用人としての暮らしを楽しむ。自由に歩ける、走れる、誰かのために働ける。そんな当たり前のことが前世が病人であるシャルロッテには尊い幸せに感じるのだ。
    シュヴァルツが彼女を恨む理由は……?仮面の下の彼の素顔とは……?
    文字数 61,601 最終更新日 2023.2.26 登録日 2023.1.29
  • 35
    長編 完結 R18
    お気に入り : 68 24h.ポイント : 99
    時翔る嫁 双子令嬢と身代わりの花婿 大正十三年、秋。
    震災によって亡くなった双子の姉、綾音(あやね)に代わって老舗茶商、五代目岩波有弦(ゆうげん)の花嫁に迎えられた音寧(おとね)。姉の代わりでも求められることが嬉しかったけれど、その想いは初夜にあっさり裏切られてしまう。
    おまけに早く後継ぎをもうけたいからと邸に監禁同様の状況で毎晩のように身体を繋げあう日々。
    彼が望むのは自分の身に流れる高貴な血だけど、彼女は双子の姉と異なりそこに付随する破魔のちからを持っていない。かつて「時を味方につける双子令嬢」と呼ばれたものの無能だった自分が、愛される資格なんかあるの……?
    なのに、旦那様も身代わりだった!?

    これは、激動の大正後期が舞台の、時を翔け抜ける令嬢の物語。
    そして、大切にされて罪悪感に駆られるヒロインと、彼女を宝物のように大事にしたい旦那様の「身代わり同士」の新婚物語。

    ※他サイトでも掲載しております。
     表紙は大江戸ウメコ先生にAI技術を用いて描いていただいたものです。
    文字数 224,689 最終更新日 2023.2.23 登録日 2022.9.28
  • 36
    短編 完結 R18
    お気に入り : 127 24h.ポイント : 92
    【完結】婚約から逃げた魔付き令嬢はエッチな人形作りを手伝う。※R18 【主人公から見ると美醜逆転世界のお話。】ルナス+アーシェリア編完結。ココ+ロマーゼル編完結。ラグラ+ネム+メメ編完結。+番外編の子供達のお話。

    【あらすじ】幼い頃に第一王子婚約者候補3人の内の1人に選ばれたアーシェリア・トランヴェジェール。
     美醜の感覚が合わないと思いながらも、婚約者候補として教育を受けながらのびのびと生きてきた。
     魔物に取り憑かれたのを良い事に婚約者候補から逃げ、理想の魔術師様(国的には醜い男性)と出会ったので彼の近くで就職して親睦を深め、告白したい!
    だけど気がつけば・・・エッチな人形作りをお手伝いをする事に?

    ※王族や貴族階級の存在するファンタジーの世界。色んな種族の特徴を持った人達が住む国が舞台です。
    醜いかどうかの判断は【醜の象徴】とされる角・鋭い目・尖った耳・鋭い爪・牙が有るかどうかで持っているほど醜いと判断される世界設定です。

    とてもゆるゆる設定です。深く考えず読んで頂けると幸いです。
    文字数 143,047 最終更新日 2023.7.29 登録日 2023.7.10
  • 37
    長編 完結 R18
    お気に入り : 2,662 24h.ポイント : 92
    命を助けてもらう事と引き換えに、皇家に嫁ぐ事を約束されたラシーヌ公爵令嬢ラケシスは、10歳を迎えた年に5歳年上の第五皇子サリオンに嫁いだ。

    愛されていると疑う事無く8年が過ぎた頃、夫の本心を知ることとなったが、ラケシスから離縁を申し出る事が出来ないのが現実。 悩むラケシスを横目に、サリオンは愛妾を向かえる準備をしていた。

    「ダグラス兄様、助けて、助けて助けて助けて」

    兄妹のように育った幼馴染であり、命の恩人である第四皇子にラケシスは助けを求めれば、ようやく愛しい子が自分の手の中に戻ってくるのだと、ダグラスは動き出す。
    文字数 92,111 最終更新日 2022.1.9 登録日 2021.12.28
  • 38
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 62 24h.ポイント : 85
     聖女を巡る恋の戦いに敗れたリオネルと結婚したレティ。リオネルは負け犬と陰で囁かれているが、もう一つの噂を知らない人はいない。

     彼は娼婦の間で股殺しと呼ばれる絶倫で、彼を相手にすると抱きつぶされて仕事にならない。
     婚約破棄されたリオネルに優しくし、父を脅して強制的に妻になることに成功した。

     ルンルンな気分で気合を入れて初夜を迎えると、リオネルは男のものが起たなかったのだ。
     いくらアプローチしても抱いてもらえずキスすらしてくれない。熟睡しているリオネルを抱く生活も飽き、白い結婚を続ける気もなくなったので離縁状を叩きつけた。

    「次の夫は勃起が出来て、一晩中どころが三日三晩抱いてくれる男と結婚する」

     話し合いをする気にもならず出ていく準備をしていると見知らぬが襲ってきた。驚きのあまり、魔法が発動し過去に戻ってしまう。
     ミハエルというリオネルの親友に出会い、好きになってしまい。
    文字数 9,226 最終更新日 2023.11.3 登録日 2023.11.1
  • 39
    短編 完結 R18
    お気に入り : 423 24h.ポイント : 78
    伯爵家の娘として生まれたアイリス。

    しかし彼女は幼い頃から身体が弱く、婚約を破棄されて修道院へと送られてしまうも、
    そこで出会った一人の青年の手によって純潔を奪われる。

    そしてその青年こそがこの国の第一王子であり……?

    ※この物語はフィクションです。

    R18作品ですので性描写など苦手なお方や未成年のお方はご遠慮下さい。
    文字数 63,041 最終更新日 2022.2.5 登録日 2022.1.19
  • 40
    長編 完結 R18
    お気に入り : 299 24h.ポイント : 78
    サキュバスに侵された年下妻は愛するイケオジ騎士団長を弄ぶ 年上旦那様を喜ばせてあげたい 「リリィ、お前はベルトラン・ド・オリオール殿の元へと嫁ぐことになった。急ではあるが、三ヶ月後には王都で結婚式を行う。それまでに支度を整えておくように」

     淡々と告げる父親の顔は、家族としての顔では無く、この国の宰相としての顔なのだと娘リリィは理解した。

     愛娘をずっと手元に置いておきたい父の意向もあって、婚約もせずにいたリリィ。

     やがて二十三歳となり、行き遅れと社交界で噂されていた侯爵令嬢は、突然の王命による結婚話に驚きながらも、貴族の令嬢らしく素直に受け入れた。

     嫁ぎ先は三十歳も年上のイケおじ騎士団長で……。

     結婚の準備を進めていたある日、リリィは瀕死のサキュバスに出会い、その精神だけがリリィの中へと入り込んでしまう。

     真面目でお淑やかなリリィの中に、奔放なサキュバスが共存することになった。

     そして、結婚式の日に初めて顔を合わせたイケおじ騎士団長ベルトランを、いっぺんに好きになってしまうリリィ。

     リリィの気持ちに気付くことなく、『形だけの妻で良いから』と気遣うベルトラン。

     初夜の場でお互いの本音を暴露した二人は、思わぬ夜を過ごすことになった。

     
     サキュバスに侵されたお淑やかな侯爵令嬢が、三十歳年上のイケおじ騎士団長の夫を攻めまくる、初夜が女性上位な夫婦のお話。

     その後は溺愛ターンでお互い様です\(//∇//)\

    ※女性が攻めるR18表現ありです。
    男性攻めの回もあり。





     
    文字数 178,447 最終更新日 2024.4.10 登録日 2021.12.3
184
前へ 1 2 3 4 5 次へ