TOP
検索結果

アルファポリスで投稿されているノーチェ小説のランキングです

ノーチェサイトへの掲載条件
▼開く
詳細検索
R指定
フリーワード
家族
R指定
R指定なし R15 R18
45
前へ 1 2 次へ
  • 1
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 83 24h.ポイント : 995
    侯爵家の一人娘のアマリアは、社交デビューの夜になぜか公爵のヘンドリックに見初められる。
    強引なまでの結婚ではあったが、優しい夫と家族にこれからの温かい家庭を夢に見る。
    しかし、初めての妊娠と出産から少しずつ歪み始めて…。
    優しかった夫にも頼れず、息子との距離は埋められないほどにどんどん離れていく。
    突然の離縁宣言に、思わず飛び出した先で事故に遭い、アマリアの人生は大きく狂い始める。

    R18の回には※を入れています。
    文字数 296,316 最終更新日 2024.5.29 登録日 2024.1.29
  • 2
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 8,298 24h.ポイント : 710
    侯爵令嬢セイラは、両親を亡くした従姉妹(いとこ)であるミレイユと暮らしている。

    両親や兄はミレイユばかりを溺愛し、実の家族であるセイラのことは意にも介さない。

    そんなセイラを救ってくれたのは兄の友人でもある公爵令息キースだった…


    本垢執筆のためのリハビリ作品です(;;)
    本垢では『婚約者が同僚の女騎士に〜』とか、『兄が私を愛していると〜』とか、『最愛の勇者が〜』とか書いてます。
    ちょっとタイトル曖昧で間違ってるかも?
    文字数 110,361 最終更新日 2023.7.3 登録日 2021.2.6
  • 3
    長編 完結 R18
    お気に入り : 3,697 24h.ポイント : 525
    第17回恋愛小説大賞にエントリーしています。

    レティシア・マークスは、『妖精姫』と呼ばれる社交界随一の美少女だが、実際は亡くなった前妻の子として家族からは虐げられていて、過去に起きたある出来事により男嫌いになってしまっていた。

    社交界デビューしたレティシアは、家族から逃げるために条件にあう男を必死で探していた。

    そんな時に目についたのが、女嫌いで有名な『氷血公爵』ことテオドール・エデルマン公爵だった。

    レティシアは、自分自身と生まれた時から一緒にいるメイドと護衛を救うため、テオドールに決死の覚悟で取引をもちかける。

    R18シーンがある場合、サブタイトルに※がつけてあります。

    ムーンライトで公開してあるものを、少しずつ改稿しながら投稿していきます。
    文字数 155,468 最終更新日 2024.2.14 登録日 2024.1.11
  • 4
    短編 完結 R15
    お気に入り : 2,644 24h.ポイント : 433
    アレが見える繋がりの騎士団長とお嬢様、婚約破棄を目指したのちに溺愛される  伯爵家の一人娘リュシエンヌは、父の再婚で義母と連れ子である妹ポーレットを家族に迎えた。

     リュシエンヌには婚約者である騎士マルクがいたが、子リス令嬢とも呼ばれ男好きのするポーレットはマルクを籠絡する。

     マルクはポーレットとはただの戯れであり、本命はあくまでも伯爵家の婿養子になるのに必要なリュシエンヌであった。


     リュシエンヌにはとある秘密があり、その秘密を共有するイケメン騎士団長と協力してマルクとの婚約破棄を目指すこととなる。


    『カクヨム』『なろう』様にも掲載中です。


    文字数 51,860 最終更新日 2021.8.12 登録日 2021.8.8
  • 5
    短編 完結 R18
    お気に入り : 3,622 24h.ポイント : 376
    【完結】【R18】婚約破棄を告げられたら、何故か伯爵様に監禁されて愛されています 【ちまちま加筆修正しております】

    リリー・ドーレスはスペンドラヴ王国に住む子爵令嬢。優しい家族に囲まれ、そこそこ幸せな生活を送っていた。
    しかし、ある日婚約者の家で開かれたパーティーにて、リリーは公衆の面前で婚約を破棄されてしまう。
    理由は身に覚えのない罪が原因だった。冤罪だとリリーは抗議するも、婚約者は聞いてくれない。そんな現実に打ちひしがれるリリーの元に現れたのは、若き伯爵であるアルバン・ライシガーだった。

    そして、アルバンは傷心中のリリーの心に付け入り、リリーを自身の屋敷に監禁した。

    それは、リリーにとっての溺愛生活の始まりで――……。

    婚約破棄された傷心中の令嬢が、狂った若き伯爵に監禁され、その本当の愛に気が付くまでのお話。


    *TL小説処女作です。今以上に拙いです。
    *短編を書きたいなぁ、という気持ちから生まれたものですので、特に期待はしないでください。
    *一日一話~二話更新。さっくりと三十話までで終わります。
    文字数 50,288 最終更新日 2020.3.15 登録日 2020.1.3
  • 6
    長編 完結 R15
    お気に入り : 2,013 24h.ポイント : 227
    「お前はとても優秀だそうだから、婚約者にしてやってもいい」

     ある日の休日。家族に疎まれ、蔑まれながら育ったマイラに、第一王子であり、姉の婚約者であるはずのヘイデンがそう告げた。その隣で、姉のパメラが偉そうにふんぞりかえる。

    「ぞんぶんに感謝してよ、マイラ。あたしがヘイデン殿下に口添えしたんだから!」

     一方的に条件を押し付けられ、望まぬまま、第一王子の婚約者となったマイラは、それでもつかの間の安らぎを手に入れ、歓喜する。

     だって。

     ──これ以上の幸せがあるなんて、知らなかったから。

    文字数 53,361 最終更新日 2022.2.27 登録日 2022.1.4
  • 7
    短編 完結 R15
    お気に入り : 1,834 24h.ポイント : 163
    【完結】「夫婦にはなれないけど、家族にはなれると思っていた」 ※第16回恋愛小説大賞エントリーしてます! 応援よろしくお願いします!
    ※全章完結しました!

    婚約者が男爵令嬢のミア・ナウマンの魅了魔法にかかり、浮気した。
    婚約者は学園の進級パーティで私に冤罪をかけ、
    「お前のような卑劣な女とは結婚できない! お前との婚約を破棄する!」
    と宣言した。
    そんな婚約者に世間は同情的だった。
    「魅了魔法にかかっていたのだから仕方ない」と……。
    裏切られた方にとっては、普通の浮気も、魅了魔法にかかってした浮気も変わらない、浮気は浮気だ。
    私には婚約者への恋心は残っていない。
    だけど幼馴染としての情は残っている。
    情さえあれば夫婦にはなれなくても、家族にはなれると思っていた。
    だから私は許そうと思っていた。
    婚約者が誠心誠意謝ってくれるなら……。
    だが婚約者は謝罪するどころか、
    「ミアの実家のナウマン男爵家が取り潰され、ミアは娼館に売られることになった。
    僕はミアを身請けし、ミアの家族の面倒をみたいと思っている。
    地味でなんの取り柄のないお前と結婚してやるから、ミアとその家族を養うことを許可しろ」と言ってきた。
    その瞬間私の中で何かが壊れた。

    ※他サイトにも投稿してます。

    ※一章「夫婦にはなれないけど、家族にはなれると思っていた」(約12,000文字。1〜10話)
    悲劇のヒロイン、子爵令嬢エミリー視点。

    ※二章「愚か者でも可愛い弟だった」(約5,800文字。11〜15話)
    やらかした弟のとばっちりで不幸になった苦労人、侯爵令息フォンジー視点。

    ※三章「わたくしの辞書に失敗はないはずでした」(16話〜51話)
    フォンジーとリックとエミリーのある意味不幸の元凶、伯爵令嬢のデルミーラ視点。
    番外編は不評なので非公開にしました。

    ※四章「荒野にて〜リックのやり直し」
    (52話〜74話)
    リック・ザロモンが主役の後悔と反省と更生の旅の物語です。
    65話以後のお話はカクヨムに先行投稿してます。
    65話以降のお話は2月1日から順次投稿します。


    「Copyright(C)2022-九頭竜坂まほろん」

    ※表紙素材はあぐりりんこ様よりお借りしております。

    ※2022年3月26日「小説家になろう」日間総合ランキング2位まで上がった作品です。「第6回なろうデスゲーム」執筆経験部門1位になった作品です。

    ※2022/11/22、HOTランキング15位、小説25位、恋愛21位まで上がりました!!
     応援してくださった読者様のおかげです!! ありがとうございます!!
    文字数 103,325 最終更新日 2023.2.10 登録日 2022.11.19
  • 8
    長編 完結 R18
    お気に入り : 4,761 24h.ポイント : 156
     家族に捨てられ身売りされることになった公爵令嬢のソフィアは娼館に連れていかれる途中、狼の群れに襲われた。

     彼女を助けたのは髪を振り乱した化け物のような大男。彼に連れ去られ、そのまま一夜を共にしてしまう。

     しかし翌朝目が覚めた彼は、昨夜とは別人のようで?!

     昼と夜で中身が別人になってしまう呪いをかけられた辺境伯様は、昼はメイド、夜は閨の相手になるソフィアを昼夜問わず溺愛したい!!

    *R18の話には*マークをつけます
    文字数 122,502 最終更新日 2022.3.22 登録日 2022.1.30
  • 9
    長編 完結 R18
    お気に入り : 861 24h.ポイント : 142
    ラクマ王国は昔から貴族以上の18歳から20歳までの子息に騎士団に短期入団する事を義務付けている
    いつしか時の流れが次第に短期入団を終わらせれば、成人とみなされる事に変わっていった
    そんなことで、我がサハラ男爵家も例外ではなく長男のマルキ・サハラも騎士団に入団する日が近づきみんな浮き立っていた
    しかし、入団前日になり置き手紙ひとつ残し姿を消した長男に男爵家当主は苦悩の末、苦肉の策を家族に伝え他言無用で使用人にも箝口令を敷いた

    当日入団したのは、男装した年子の妹、ハルキ・サハラだった

    この作品は「小説家になろう」にも掲載しております。
    文字数 28,347 最終更新日 2021.12.3 登録日 2021.12.3
  • 10
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 1,683 24h.ポイント : 142
    白薔薇の花嫁は王太子の執愛に堕ちる 【旧題】手折られた白薔薇:修道女は妹の婚約者に穢される

    継母に虐げられ、異母妹と差別されて育ったアニエスは、家族と離れ、修道女となる道を選んだ。しかし、運命のいたずらから、隣国の由緒ある大領の継承者となってしまう。折しも、異母妹ロクサーヌは王太子妃候補となり、ある老貴族がロクサーヌを王太子妃に推す代償として、アニエスとの結婚を要求した。望まない還俗を強いられ、修道院から連れ戻されたアニエスは、そのまま老貴族の後妻になるはずが――。なぜか王太子に純潔を散らされたアニエスは、王宮に渦巻く政争に巻き込まれていく。*ムーンライトノベルズにも掲載します。
    ※YouTube等、無断転載は許可しておりません。
    文字数 186,241 最終更新日 2023.9.13 登録日 2021.6.11
  • 11
    長編 完結 R18
    お気に入り : 587 24h.ポイント : 134
    【R18】出来損ないの魔女なので殿下の溺愛はお断りしたいのですが!? 気づいたら女子力高めな俺様王子の寵姫の座に収まっていました  バーベナはエアネルス王国の三大公爵グロー家の娘にもかかわらず、生まれながらに魔女としての資質が低く、家族や使用人たちから『出来損ない』と呼ばれ虐げられる毎日を送っていた。
     そんな中成人を迎えたある日、王族に匹敵するほどの魔力が覚醒してしまう。
     今さらみんなから認められたいと思わないバーベナは、自由な外国暮らしを夢見て能力を隠すことを決意する。
     ところが、ひょんなことから立太子を間近に控えたディアルムド王子にその力がバレて――

    「手短に言いましょう。俺の妃になってください」

     なんと求婚される事態に発展!! 断っても断ってもディアルムドのアタックは止まらない。
     おまけに偉そうな王子様の、なぜか女子力高めなアプローチにバーベナのドキドキも止まらない!?
     やむにやまれぬ事情から条件つきで求婚を受け入れるバーベナだが、結婚は形だけにとどまらず――!?

     ただの契約妃のつもりでいた、自分に自信のないチートな女の子 × ハナから別れるつもりなんてない、女子力高めな俺様王子

    ────────────────────
    ○Rシーンには※マークあり
    ○他サイトでも公開中
    ────────────────────
    文字数 110,174 最終更新日 2024.2.4 登録日 2024.1.30
  • 12
    長編 完結 なし
    お気に入り : 3,917 24h.ポイント : 120
    姉の身代わりに公爵夫人になった。
    「貴様と寝食を共にする気はない!俺に呼ばれるまでは、俺の前に姿を見せるな。声を聞かせるな」
    夫と初対面の日、家族から男癖の悪い醜悪女と流され。
    公爵である夫とから啖呵を切られたが。
    翌日には誤解だと気づいた公爵は花嫁に好意を持ち、挽回活動を開始。
    地獄の番人こと閻魔大王(善悪を判断する審判)と異名をもつ公爵は、影でプレゼントを贈り。話しかけるが、謝れない。
    「愛しの妻。大切な妻。可愛い妻」とは言えない。
    一度、言った言葉を撤回するのは難しい。
    そして妻は普通の令嬢とは違い、媚びず、ビクビク怯えもせず普通に接してくれる。

    徐々に距離を詰めていきましょう。

    全力で真摯に接し、謝罪を行い、ラブラブに到着するコメディ。
    第二章から口説きまくり。
    第四章で完結です。
    第五章に番外編を追加しました。

    文字数 90,994 最終更新日 2022.7.30 登録日 2022.7.8
  • 13
    長編 完結 R18
    お気に入り : 855 24h.ポイント : 85
    R18完結 私に成り代わろうとする悪女を利用して、我儘で好き放題に生きる。1度目の人生で愛した夫は、今世では強面絶倫騎士団長になっていた。  伯爵家の三女リーファは前世の記憶がある珍しい少女。今の人生でリーファは一度死に回帰している。夫のラシエルの幼馴染セシリアに階段から突き落とされて、酷い死に方だったので絶対に生き延びたいと思っていた。

     二度目の人生で家族から愛されていない事を知ってしまう。リーファの物を奪い、お下がりを渡してくる姉や我儘を許している両親に見切りをつけた。
     祖父に養子入りすると、これで前回結婚したラシエル・ザガード公爵と結婚せずのんびり過ごせると思っていた。今後起こるザガード家の危機を救うために、一度だけ手紙を書いて送った。

     前の人生と変わっている環境にリーファはすぐに適応し人生を楽しむことにする。何が当たるのか知っているため、お金に余裕がある。
     しかし、気まぐれで参加した夜会でラシエルに出会うと、その日から執拗に追いかけられてしまう。あれ、セシリアが私に成り代わろうとラシエルに接近している?

     それなら私がセシリアみたいに我儘放題に好き勝手に生きれば解決じゃない!

     前回のラシエルと比べて全体的に大きい。迫られるが元のラシエルの方が好きで、断ってしまった。

     何故ならゴールデンレトリバー系男子からハスキー犬や狼のような雰囲気になったからだった。
     前と違って人誑しで好かれやすい性格から、特定の相手としか仲良くしない人見知りな性格になっていた。

     
    文字数 60,182 最終更新日 2023.7.14 登録日 2023.6.24
  • 14
    短編 完結 R18
    お気に入り : 37 24h.ポイント : 78
    獣人に殺された家族の敵を討つために、兄のフィリップであると偽り男装して銃騎士となった伯爵令嬢フィオナ・キャンベルは、銃騎士隊二番隊長代行ジュリアス・ブラッドレイの専属副官であり、彼の恋人でもある。

    恋人ジュリアスは輝かしい美しさをもつ国一番のモテ男であるが結婚願望がなかった。令嬢としてのフィオナと婚約関係ではあるものの、元々は女除けをしたかったジュリアスと、銃騎士になるためにジュリアスの協力を得たかったフィオナの利害が一致した果ての偽装婚約だった。

    協力の条件の一つとして「俺を好きにならないこと」と提案されたが、フィオナが成人を迎えた時に二人は付き合い出す。

    フィオナはジュリアスを愛していたので、一生そばにいられれば結婚できなくとも構わないと思っていたが、ある出来事をきっかけにジュリアスの結婚観が変わる。

    美貌の完璧超人からいつの間にか執着されていた話。


    ※ムーンライトノベルズにも掲載。R15版が小説家になろうにあります。
    文字数 7,602 最終更新日 2023.9.18 登録日 2023.9.18
  • 15
    長編 完結 R18
    お気に入り : 299 24h.ポイント : 78
    サキュバスに侵された年下妻は愛するイケオジ騎士団長を弄ぶ 年上旦那様を喜ばせてあげたい 「リリィ、お前はベルトラン・ド・オリオール殿の元へと嫁ぐことになった。急ではあるが、三ヶ月後には王都で結婚式を行う。それまでに支度を整えておくように」

     淡々と告げる父親の顔は、家族としての顔では無く、この国の宰相としての顔なのだと娘リリィは理解した。

     愛娘をずっと手元に置いておきたい父の意向もあって、婚約もせずにいたリリィ。

     やがて二十三歳となり、行き遅れと社交界で噂されていた侯爵令嬢は、突然の王命による結婚話に驚きながらも、貴族の令嬢らしく素直に受け入れた。

     嫁ぎ先は三十歳も年上のイケおじ騎士団長で……。

     結婚の準備を進めていたある日、リリィは瀕死のサキュバスに出会い、その精神だけがリリィの中へと入り込んでしまう。

     真面目でお淑やかなリリィの中に、奔放なサキュバスが共存することになった。

     そして、結婚式の日に初めて顔を合わせたイケおじ騎士団長ベルトランを、いっぺんに好きになってしまうリリィ。

     リリィの気持ちに気付くことなく、『形だけの妻で良いから』と気遣うベルトラン。

     初夜の場でお互いの本音を暴露した二人は、思わぬ夜を過ごすことになった。

     
     サキュバスに侵されたお淑やかな侯爵令嬢が、三十歳年上のイケおじ騎士団長の夫を攻めまくる、初夜が女性上位な夫婦のお話。

     その後は溺愛ターンでお互い様です\(//∇//)\

    ※女性が攻めるR18表現ありです。
    男性攻めの回もあり。





     
    文字数 178,447 最終更新日 2024.4.10 登録日 2021.12.3
  • 16
    長編 完結 R18
    お気に入り : 474 24h.ポイント : 71
    隠された王女~王太子の溺愛と騎士からの執愛~ グルブランソン国ヘドマン辺境伯の娘であるアルベティーナ。幼い頃から私兵団の訓練に紛れ込んでいた彼女は、王国騎士団の女性騎士に抜擢される。だが、なぜかグルブランソン国の王太子が彼女を婚約者候補にと指名した。婚約者候補から外れたいアルベティーナは、騎士団団長であるルドルフに純潔をもらってくれと言い出す。王族に嫁ぐには処女性が求められるため、それを失えば婚約者候補から外れるだろうと安易に考えたのだ。ルドルフとは何度か仕事を一緒にこなしているため、アルベティーナが家族以外に心を許せる唯一の男性だったのだが――
    文字数 136,601 最終更新日 2023.2.1 登録日 2023.1.12
  • 17
    長編 完結 R18
    お気に入り : 1,569 24h.ポイント : 71
    愛しき番 降竜祭――それは、竜人が番を探す期間。その期間にいつも私に会いに来るのは家族の一人でした。その人の後をついて行けばそれは家族全員で、その場にいた人達と話をしていると、そこに現れたのは遠い昔、私の婚約者だった人で……。

    竜人が治める国の宰相と、女性の話。

    ★Rシーンはラストまで出て来ません。

    ★一部、残酷な描写があります。苦手な方はご注意ください。

    文字数 47,714 最終更新日 2018.2.5 登録日 2017.12.11
  • 18
    長編 完結 R18
    お気に入り : 727 24h.ポイント : 63
    仇敵騎士団長と始める不本意な蜜月~子作りだけヤル気出されても困ります~ 【注意事項】

    ◇事情があって非公開にしていた『運命の番と言われましても、私たち殺したいほど憎み合っている(ということのなっている)のですが』をタイトル変更&大幅加筆(3万字ほど加筆)して再公開しました。
    完全新作ではありません。

    ◇R18作品です。




    「どんなに憎い女が相手でも、その気にはなるのね」

    アデリナ・ミュラー(20)
    かつては【帝国の真珠】とうたわれ王太子の妃候補にまでなっていたが、実家が没落し現在は貧乏暮らしをしている。

               ×

    「お前こそ。殺したいほど憎い男の手で、こんなふうになって……」

    カイ・オーギュスト(20)
    アデリナの実家の仇であるオーギュスト家の息子で、騎士団長の地位にある優秀な軍人。
    怜悧な美貌と俺様な性格をもつ。



    家族の仇、憎み合うふたりが運命のいたずらにより夫婦となり、子どもを作るはめになってしまい……。

    拒めば拒むほど、身体は甘く蕩けていく。嘘つきなのは、心か身体かーー。



    文字数 100,573 最終更新日 2022.12.19 登録日 2021.7.14
  • 19
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 1,672 24h.ポイント : 63
    妹が嫌がったので代わりに戦場へと駆り出された私、コヨミ・ヴァーミリオン………何年も家族や婚約者に仕送りを続けて、やっと戦争が終わって家に帰ったら、妹と婚約者が男女の営みをしていた、開き直った婚約者と妹は主人公を散々煽り散らした後に婚約破棄をする…………ああ、そうか、ならこっちも貴女のサポートなんかやめてやる、彼女は呟く……今まで義妹が順風満帆に来れたのは主人公のおかげだった、義父母に頼まれ、彼女のサポートをして、学院での授業や実技の評価を底上げしていたが、ここまで鬼畜な義妹のために動くなんてなんて冗談じゃない……後々そのことに気づく義妹と婚約者だが、時すでに遅い、彼女達を許すことはない………徐々に落ちぶれていく義妹と元婚約者………主人公は
    主人公で王子様、獣人、様々な男はおろか女も惚れていく………ひょんな事から一度は魔力がない事で落されたグランフィリア学院に入学し、自分と同じような境遇の人達と出会い、助けていき、ざまぁしていく、やられっぱなしはされるのもみるのも嫌だ、最強女軍人の無自覚逆ハーレムドタバタラブコメディここに開幕。

    文字数 89,122 最終更新日 2023.2.23 登録日 2023.1.31
  • 20
    長編 完結 なし
    お気に入り : 880 24h.ポイント : 56
    父親の再婚により、家族から小間使いとして扱われてきた、伯爵令嬢のコレット。
    思いがけず結婚が決まるが、義姉クリスティナと偽る様に言われる。
    愛を求めるコレットは、結婚に望みを託し、クリスティナとして夫となるアラード卿の館へ
    向かうのだが、その先で、この結婚が偽りと知らされる。
    アラード卿は、彼女を妻とは見ておらず、曰く付きの塔に閉じ込め、放置した。
    そんな彼女を、唯一気遣ってくれたのは、自分よりも年上の義理の息子ランメルトだった___
    異世界恋愛 《完結しました》
    文字数 124,768 最終更新日 2022.2.18 登録日 2022.1.22
  • 21
    長編 完結 R18
    お気に入り : 1,049 24h.ポイント : 49
     男爵家の一人娘のルビー・ローズハート。母と一緒にいちご狩りをしていた時に前世の記憶を思い出した。前世を思い出してもこの世界は小説や漫画の世界じゃない。

    「これって転生ってやつだ。この世界の男は筋肉質でガタイが良くて精悍な人しかいない。こうなったら前世知識を使いまくって世界一のお金持ちになってやる!!」

     男爵だが低級貴族のまとめ役のためと上級貴族とあまり関わりたくない父と暴漢に襲われて傷者扱いされた元伯爵令嬢の母の元すくすくと育った。
     前世モテない女だったルビーは今の世界では愛らしい少女。ロランジュ・プシュケール辺境伯の令息に惚れていて淑女教育を受けて両親譲りの見た目を磨きつつもそれなりに生きていた。

     ある日、ルビーは狩りに出かけた時小さな男の子ケイシーを拾った。将来有望なベビーフェイスは好みの顔だったが呪いのせいで身体は大きく傷ついていた。ルビーはありったけの治癒魔法で彼を前回復させた。しかし、呪いの魔法がかけられた少年は魔力を一定の周期で与えないと死んでしまうらしい。家族と使用人が力を合わせて魔力を渡して呪いを解く方法を探すが見つからない。少年を独り立ちさせるために世話をしていたが、彼の目に熱が籠るようになっていた。

     両親は二人がイチャイチャしていても反対せず、むしろ爵位がないから婿養子として引き取ることが出来るから大歓迎。

     17歳の時にやって来た隣国の神官に大金を渡して呪いを解いてもらうことになった。
     5年間行方不明だったケイネル・アニス・キンクル公爵と知った時、ローズハート家は騒動に巻き込まれてしまう。

    ※いつものようにセックス大歓迎の世界です
    ※BSSは僕の方が先に好きだったのにの略です。寝取りもののような重さじゃなくてくやじぃよぉとなるロランジュが見れます。BSSはケイネル視点です。

     2022/12/09 HOTランキング1位取りました。アルファポリス様、読んでいただいた読者の皆様、お気に入り登録した頂いた皆様。本当にありがとうございます。
     よろしければお気に入り登録よろしくお願いいたします。
    文字数 53,872 最終更新日 2022.12.7 登録日 2022.11.26
  • 22
    短編 完結 R18
    お気に入り : 40 24h.ポイント : 49
    アギナルドがミネルヴァと始めて出会ったのは、里の中の唯一の病院である医療棟の新生児室だった。

    医師見習いとして働き始めていたアギナルドは、赤子たちの健康チェックのために先輩医師マルクスに付き添って訪れたその足で、運命の出会いを果たした。

    オギャーオギャーと泣く数人の赤ん坊が並んでいるその端っこにいた、一際可愛らしい光り輝くような存在の赤子を見た瞬間に、ズキューン、と心臓が撃ち抜かれて瞬殺されたかのような衝撃が走ったのと同時に、いきなり股関が膨らみ爆発して、アギナルドは服の中に白濁を撒き散らしていた。

    新生児に一目惚れした男とそのトンデモ恋に巻き込まれた少女が番になって家族になる話。



    【注意】冒頭のみ少し小児性愛(ペドフィリア)表現注意。
    ⚠赤ちゃんに欲情しているので苦手な方は大注意⚠
     冒頭での本番行為はないです。

    【注意】強姦回あり注意。アナルいじり(本番なし)注意。

    ※ムーンライトノベルズにも掲載。R15版が小説家になろうにあります。
    文字数 13,263 最終更新日 2023.9.18 登録日 2023.9.18
  • 23
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 62 24h.ポイント : 42
    【R18】その宝石姫は、黒き騎士の胸で眠る 幼い頃、誘拐未遂にあったメロディナ。そのトラウマにより不眠症を患い、普通の生活が送れなくなってしまう。それでも優しい家族に大切に育てられ、その美しい容姿と相まっていつしか宝石姫と呼ばれるようになっていた。そんな彼女も18歳。デビュタントの舞踏会をきっかけに、今までヴェールに包まれていた宝石姫が皆の知る所になった。そのことに危機感を覚えた幼馴染のクレオナルドは、強引にメロディナに迫ってしまい…。

    ※完結させたのち、投稿を開始させていただきます。10万字程度の予定です。

    表紙イラストはrimei様(TwitterID:rimei1226)に有償にて描いていただきました。
    本人様以外のいかなる使用はお控えください。
    文字数 7,772 最終更新日 2023.3.24 登録日 2023.3.24
  • 24
    長編 完結 R18
    お気に入り : 142 24h.ポイント : 42
    完結(R18)赤い手の嫌われ子爵夫人は、隣国の騎士に甘すぎる果実を食べさせられる (R18)合わないと思われた方はバックお願いします。

     この世界は、生まれた人々全員が、各地が崇める神からスキルを授かる。

     フェルミは、薬草の栽培が主な産業である領地を治める伯爵家で生まれた。
     この国では、豊穣の女神が祀られている。彼女も、他の人々と同じように、女神からスキルを与えられた。

     ところが、そのスキルのせいで、家族や人々から忌み嫌われる。

     成人と同時に、厄介払いのように子爵家に嫁がされた彼女は、1年後にそこからも追い出されることになった。

     海を隔てた火の国にたどり着いた彼女は、自分探しを始める。

     これは、不遇だったフェルミが騎士と知り合い、幸せになっていく物語である。


    タグをご覧ください

    長編にしておきます。8~15万文字以内で終了予定です。→延びます。デート回が終わると、冒頭に向かいます
    文字数 210,869 最終更新日 2024.2.29 登録日 2024.1.19
  • 25
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 117 24h.ポイント : 35
    このお話は、別小説『異世界でセカンドライフ~俺様エルフに拾われました~』の続編で、子供達が中心の物語です。
    単体でも読めるよう書き進めたいと思っていますが、『俺様エルフ』を読んでいただく方がそれぞれのキャラの馴れ初めがわかって楽しめるかと思います。
    (何分『俺様エルフ』は話数が多いのでご注意ください)


    §§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§


    ≪あらすじ≫

    異世界からの”落ち人”である母、サーヤとハイエルフのエリュシオンの子供達が成長し、それぞれが様々な経験を経て大人になっていくという、日常をメインに描いた物語。

    もうすぐ16歳になる双子のレオンとサクラ。
    家族や仲間と人里離れた森で何不自由なく暮らしていたが、ひょんなことから16歳になったら王族、貴族、平民関係なく通うことを義務付けられている王立魔術学園の存在を知り、自分達も通いたいと思い始める双子。

    念願の学園に入学するも、育ってきた環境や周囲の大人達の影響で、本人達にとっての”日常”が世間一般でいう”日常”とはいろいろズレていることがいろいろ発覚し、戸惑う双子。
    そして、それを影ながら(?)フォロー(??)しようと頑張る大人達。


    レオンとサクラは、普通(?)に平和で楽しい学園生活を送って卒業したい。
    だけど、そこには異世界からやって来たというサクラと同じ黒髪の”聖女”と呼ばれる少女も入学してきたのだった……


    そのまんまですが、基本的にドタバタなコメディです。←
    R18としていますが、しばらくは親世代のR18展開がちょいちょい出てきて、子供達のラブな展開は後半になると。
    異種族、かなりの年齢差など様々なカップルが出てきますが広い心で見ていただけたら嬉しいです。

    ≪2023/11/9加筆≫
    書き進める上で手が止まる原因にもなったのですが、

    ・どうしても前作の主人公(サーヤ)を含めた子供達や精霊王様達が最強すぎる。
    ・今作から登場した転生聖女よりも双子や他の兄妹たちにスポットが当たりそう(小話もそちら中心なら結構思い浮かぶw)

    等の理由から、タイトルを改めて修正しました。
    当時は更新を急ぐばかりに、大筋を決めないまま発信した自分を悔いていますorz

    少し書き進めているモノの、まだ多忙ではあるためある程度まとまりができてから更新予定です。
    他のお話も含め、どんなに時間がかかっても完結させたいとは思っているので、引き続きお楽しみいただけたら幸いです。
    文字数 86,620 最終更新日 2022.11.22 登録日 2022.3.15
  • 26
    長編 完結 なし
    お気に入り : 87 24h.ポイント : 28
    幸せを知らない令嬢は、やたらと甘い神様に溺愛される 家族から産まれたことも生きていることも全否定され、少しは役に立てと言われて政略結婚する予定だった婚約者すらも妹に奪われた男爵令嬢/アルサイーダ・ムシバ。

    さらにお前は産まれてこなかったことにすると、家を追い出される。

    行き場を失ってたまに訪れていた教会に来た令嬢は、そこで「産まれてきてごめんなさい」と懺悔する。

    すると光り輝く美しい神/イラホンが現れて「何も謝ることはない。俺が君を幸せにするから、俺の妻になってくれ」と言われる。

    さらに神は令嬢を強く抱きしめ、病めるときも健やかなるときも永遠に愛することを誓うと、おでこにキス。

    突然のことに赤面する令嬢をよそに、やたらと甘い神様の溺愛が始まる――。
    文字数 75,269 最終更新日 2023.3.7 登録日 2023.1.31
  • 27
    長編 完結 R18
    お気に入り : 227 24h.ポイント : 21
    不義の子と蔑まれるネコ族の調香師は竜族の極悪王子に指名される〜初恋の人を探しているので溺愛は結構です〜 竜と猫の国・ウィルデン王国。

    「いつか、俺が空をみせてやる」

    空なんて、見上げればそこにあるのに不思議な人。

    猫族の調香師・ニーナは初恋の人を、13年も忘れられずにいた。
    名前も顔も覚えていないけれど、いつか、きっと会える。
    そして、いつか【真実の愛】の香りを完成させて思いを伝えたいと願っていた。

    そんなニーナは、家族に不義の子と蔑まれながらも、独自に調香した香水を販売し一家を支える日々を送っていた。
    たが、仕事中に突然、竜族の悪名高い第二王子・ロルフに攫われる。

    しかもロルフに『初恋の人』の面影を感じてしまい、つい流されてしまう始末。

    触れられる度、なぜか隠された優しさが伝わってきて。

    この人が本当に噂の極悪王子なの――?

    ニーナ(20)猫属の調香師
    ロルフ(24)竜族の第二王子


    大人シーンありにはタイトルに※をつけています。



    ※ムーンライトノベルズからの転載です
    文字数 104,000 最終更新日 2023.7.15 登録日 2023.6.29
  • 28
    長編 完結 R18
    お気に入り : 99 24h.ポイント : 21
    元仔狼の冷徹国王陛下に溺愛されて困っています! 森の奥で孤独に暮らしていた少女・レイラはあるとき傷ついた狼の子・アンバーを見つけ家族として共に暮らすようになる。事故をきっかけにアンバーが姿を消した十年後、街を訪れていたレイラは薬師を探す侍従に連れられ、優秀だが冷酷で恐れられている美貌の国王・イライアスと謁見する。実は彼はかつて自分が助けた子狼アンバーだった。彼はレイ ラの体に残る『番の証』を認めると独占欲を露わにし、自分の子を孕めるのは番のレイラしかいないと告げる。敏感な部分を執拗に愛撫され、初めての快楽に惑うレイラ。自分に執着するイライアスに昼も夜も何度も抱かれ、レイラは次第に彼の気持ちを理解するようになり――
    文字数 151,036 最終更新日 2022.4.13 登録日 2022.4.13
  • 29
    長編 完結 R18
    お気に入り : 312 24h.ポイント : 21
    転生したら悪役令嬢になるが、隣国の極悪非道な皇帝に嫁いだら実はただのツンデレでした。  剣道副主将や副会長として毎日一生懸命に
    励んでいた勝ち気な女子高生。
    櫻井百合愛(さくらいゆりあ)


     ある日・正義感からか車に引かれそうになった黒猫を助けようとした。
     すると黒猫の不思議な力で異世界に飛ばされてしまった。


     その世界は、小さな国・アース王国。
     そこで公爵令嬢のユリアとして転生。
    しかし待っていたのは、
    悪役令嬢として婚約破棄されただけではなく、エミリオン帝国・皇帝陛下であるアディに嫁がされることに!?

    家族のため、元の世界に戻るために
    嫌々婚約を引き受けるユリア。
     皇帝は、極悪非道と言われている人物だったが、一緒に生活をしているうちに
    極悪非道ではなく、ただのツンデレだと発覚!?
    さて……ユリアの出した答えは?


     異世界ファンタジー
    悪役令嬢&ツンデレ皇帝の純愛ロマンス。
    ノーチェ向きに加筆修正しました!


    *注意。
    誤字、脱字があったら申し訳ありません。
    気づいたら修正しております!


    公開日・2023.1.23。
    文字数 113,786 最終更新日 2023.2.6 登録日 2023.1.24
  • 30
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 37 24h.ポイント : 14
    子爵令嬢ミリエラは幼い頃、ある事件をきっかけに瞳の色が変わった。忌むべきその色のせいで家族から憎まれ嫌われるようになり、地下書庫に隔離され、母や姉たちからは憂さ晴らしの暴力を受ける日々……。更に婚約話が破談したのを機に家族に売られてしまう。いよいよ終わりを覚悟したミリエラだったが、偶然通りかかった王国の若き近衛魔術騎士団の隊長イクスに助けられる。流されるがままイクスの家のメイドになったミリエラは、《鮮血》と恐れられている彼が、実は無口なだけで本当は誰よりも優しい人なんだと気づき……。一方でイクスも、不遇な身の上でも健気に生きてきたミリエラに惹かれていく中で、彼女の"隠された力"を悟る――。これは、誰にも愛されなかった令嬢が、無口だが思いやりに溢れた騎士と共に、幸せを手に入れていく物語。

    ※小説家になろう、カクヨム、ノベルアップにて同時掲載中です。
    文字数 85,689 最終更新日 2024.1.27 登録日 2024.1.7
  • 31
    短編 連載中 R15
    お気に入り : 903 24h.ポイント : 14
    ボンクラ婚約者の愛人でぶりっ子な悪役令嬢が雇った殺し屋に、何故か溺愛されていました 「分かった。アンタを殺すのはやめよう。」

     思わぬ言葉を発する男に、私はとても戸惑いました。

    「貴方、ドロシー嬢の放った刺客なのでしょう?そのようなことできっこないわ。」

     もう自暴自棄になっても致し方ないほどに理解が追いつかない状況なのです。

    「できるさ。俺はアンタを気に入ったから、あの女の依頼はキャンセルだ。」



     婚約者である公爵令息ジョシュア様に色目を使うドロシー伯爵令嬢。
     日々蔑ろにされていても私はジョシュア様をお慕いしているフリをしなければならないのです。

     でももう日々の演技にもいい加減疲れてまいりました。

     そんな時に私が邪魔になったドロシー嬢は刺客を放ったのです。

    *作者の好きなザマアと婚約破棄ものです。

     今回は家族から大切に溺愛されている箱入り令嬢のお話にしてみました。



    『小説家になろう』様、『カクヨム』様にも掲載中です。



    文字数 65,399 最終更新日 2022.3.3 登録日 2021.7.28
  • 32
    長編 完結 R18
    お気に入り : 223 24h.ポイント : 14
     ある朝目が覚めたらそこはよく知っている部屋だった。それもそのはず、自分が起きた部屋は実弟アランドの部屋で自分は弟のベッドの中…
     何、これ?冗談でしょう?だって弟にはシャーリンって言う凄くチャーミングな嫁がいたはず?私はナターシャよ?なんで、弟の嫁になってるの?
     周りの人達は家族を含め私をシャーリンと呼ぶ。けど、じゃあ本当の私はどこに?

     何とかして私を探し出す!でなければ本当に弟の嫁としての務めまで果たさなければいけなくなる……ナターシャの手掛かりを見つけた私は、産まれ育った我が家を出る決意をする。メイドのアンナも手伝ってくれて、たどり着いたのは港に面した古びた修道院…

     そこで私が見たものは……




     *肉体は他人、けれど精神的には姉弟という姉目線からの葛藤と最後まではいかないけれどギリギリの性描写を入れようと思っています。 *をつけますので苦手な方は飛ばしてください。
    文字数 51,370 最終更新日 2022.2.9 登録日 2022.1.29
  • 33
    短編 完結 R18
    お気に入り : 15 24h.ポイント : 14
     セルジュ=ルフェーヴルは魔術師と人間のハーフだ。魔法は使えず、危険だが割がいい魔石掘りの仕事をしている。
     セルジュには、五つ年下の腹違いで魔術師を目指す妹 ミネットがいて、どうしてだか異常に好かれている。
     しかしミネットが魔術師学校を卒業したその夜、セルジュはミネットに寝台に拘束されてしまい……。

     絶対にお兄ちゃんとイチャイチャしたい妹 × 絶対にそれだけはだめな兄

     
     ☆ムーンライトノベルズにも掲載しています☆
    文字数 10,107 最終更新日 2023.10.21 登録日 2023.10.21
  • 34
    長編 完結 R15
    お気に入り : 753 24h.ポイント : 14
    何故、この世に生まれてきたのだろう……
    こんなくだらない世界、生きていても仕方がない……

    幼い頃から虐められ、社会に出たら横領に加担したと会社をクビになり、彼氏には騙され、最低最悪な人生を私は、自ら終わらせる為に命を絶った。

    ──はずだったが、目を覚ましたら小説『地獄の薔薇は天上の薔薇を愛す』の悪役令嬢イレーナ・クラウゼに転生した事に気がついた。
    このクラウゼ伯爵一家は全員が性格破綻者。
    使用人達を虐め、蔑み、人を人だと思わないような人達だった。

    そんなある日、イレーナは騎士団長に一目惚れをするが、騎士団長には既に好きな人がいた。それがこの小説のヒロイン。
    イレーナはそのヒロインに嫉妬し、殺害の企てた。
    当然上手くいくはずがなく、イレーナとその家族クラウゼ一家は公開処刑となる。

    まさか自分が加害者側になるとは夢にも思わなかった私は、この家族の性格を矯正しつつ公開処刑回避の為に奮闘していたら、団長様がやけに私に絡んでくる。
    ……団長様ってこんな方だった?
    文字数 24,669 最終更新日 2022.7.6 登録日 2022.6.27
  • 35
    短編 完結 なし
    お気に入り : 107 24h.ポイント : 7
    異世界で讃岐うどんライフを始めたら何故か逆ハー状態で溺愛されています 「俺、ソフィアのこと好きだから!ただの幼馴染じゃなくて……。だから、考えといて!」
    「だから!幼馴染じゃなくて、恋人になってくれってことだよ!」【ぶっきらぼうだけど実は優しい幼馴染トーマス】


    「そう、私が自分を見て欲しい相手はソフィアだよ。君の明るさと一人ひとりに合わせて気遣いのできる優しさに、私も部下たちも日々の疲れを癒されている。できれば私だけに優しくしてもらえればと思ったこともあるけどね。年甲斐もなく年下の君のことを好いているんだ。」【人気の騎士団長アントン】


    「あの幼馴染も、騎士団長も、フィリップとかいう奴もお前のこと気に入ってるみたいだからな。ウカウカしてたら奪われそうだ。俺がお前のこと好きだってことも知っておいてくれよ。」【ワイルドな大人の色気の船長ロルフ】


    「ソフィア、私は明るくて気遣いのできる優しい君に惹かれているんだ。私は貴族だけれど、そのようなことは気にしなくて良いし些末な問題だ。このゴルダン領には身分について色々と言う民も居ない。もしソフィアに決まった相手が居ないならば、この領地で領主の妻となってこれからも美味しい讃岐うどんと醤油を作っていかないか?」【実は領主だけど農夫だと思われてるフィリップ】


    〜逆ハーの醍醐味はどのキャラとくっつけたいか、だと思います〜




    【あらすじ】

     前世が日本に住むおばあちゃんだったヒロインは病気で亡くなってしまう。

     そして生まれ変わった異世界で、不意に前世の記憶を取り戻したソフィア。

     前世の病床からずっと食べたかった『讃岐うどん』を作ることにした。

     家族で酒場フォンドールを営んでいるソフィアは店の看板娘。

     幼馴染で肉屋の息子トーマスや、常連客のイケメン騎士団長アントン、ワイルドイケメンな漁師ロルフ船長、謎のイケメン農夫?フィリップから告白されて突然のモテ期?

     そんな中、異世界でも揃えられる材料で『讃岐うどん』を作って酒場のメニューにしてみたら美味しいと評判になる。

    「いやいや、本場の讃岐うどんはもっと美味しかった!」

     もっと本場の味に近づけようとソフィアの讃岐うどんライフは始まり、それから出会っていく人たちからも想いを寄せられていつの間にか所謂逆ハー状態に?

     
    *作品のタイトルはアレですが、イケメンに逆ハーされる可愛らしい女の子のお話に、作者の好きな『讃岐うどん』という要素をドッキングした風変わりなお話です。

    恋愛要素はきちんとあります。
    作者の好きなハッピーエンドです。

    いつも書いてる御令嬢系のお話ではありませんが、明るいヒロインが可愛らしいので楽しいお話になる予定です。


    『小説家になろう』様にも掲載中です。

     

     

    文字数 39,460 最終更新日 2021.7.26 登録日 2021.7.25
  • 36
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 229 24h.ポイント : 7
    ウェステ女伯爵エリアナ・ヨレンテ。
    それが私の名前だ。
    カディスという国のマンティーノス領を治める領主でもある。

    女ながらに爵位を継ぎ一年が過ぎた19歳の誕生日。
    私は毒殺された。

    信じていた家族と愛していた婚約者の手によって。

    死者となった私は“ある御方“と出会い、復讐を胸に現世へ舞い戻った。

    そして何故か訳あり伯爵令嬢フェリシア・セラノに憑依し、新しい人生を歩んでいく。

    失ったものを全て取り戻そうと健闘するエリアナの恋の物語です!
    文字数 212,344 最終更新日 2022.9.4 登録日 2021.11.21
  • 37
    長編 完結 なし
    お気に入り : 240 24h.ポイント : 7
    デレッダ公爵家の隠し子、フラミーニアは珍しい【魔力転移】という魔法の持ち主。物心ついたときから屋根裏部屋に監禁され、ただ息をするだけの毎日を過ごしていた。
    ところがある日偶然父の思惑を知る。
    フラミーニアに求められていたのは身に宿す【魔力転移】という珍しい魔法だけだった。

    「これからは誰かの為に生かされるのではなく、自分のために生きていくの」

    そう決意したフラミーニアはこの魔法を手放すことに。
    住む家も家族も魔力も全てを失ったフラミーニアがセノフォンテと出会い、幸せを見つけ出す物語。

    ※ふんわり設定ですのでお手柔らかにお願いしますm(_ _)m
    ※小説家になろう様にも掲載しております。
    文字数 66,773 最終更新日 2023.5.3 登録日 2023.4.18
  • 38
    長編 完結 R18
    お気に入り : 39 24h.ポイント : 7
    西館の図書室で 血の繋がらない兄妹。
    本当は家族でもなんでもない赤の他人だって私は知っていたから、虐げられても何も言わなかった。
    20歳になれば家を出て、もうなんの関わりもなく生きていくはずだった。
    それなのに、『お兄様』はずっと私のことを──。

    なろう、カクヨム様にも投稿してます。
    (カクヨムではR15になるよう添削)
    文字数 49,063 最終更新日 2023.1.10 登録日 2022.6.23
  • 39
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 82 24h.ポイント : 7
    唐突に婚約破棄される主人公エマ・ウルトス、どうやら妹コブリーと婚約者イズク・トニーが浮気をしていたらしい、自分との婚約を破棄しても構わないが、その場合、今や国中で活躍しているエマが作った魔道具達の特許、販売権、etcが全て白紙に戻る、元々、トニー家は魔道具の販売権や特許をウルトス家と分け合ってるからこそ今の地位にまで上り詰められた、しかしその販売権や特許の権利は全てエマとイズクの婚約が条件で成り立っている、その婚約を破棄するということは自殺行為、という事を懇切丁寧に説明しても聞く耳を持たないイズクに呆れたエマは面倒臭いのでイズク以外のトニー家の人間と話し合えば彼の暴走を止められると思い、その場を去ろうとするも、妹に切り殺されそうになり、転移アイテムでなんとか危機を脱する、しかし試作段階の転移アイテムを使ってしまったのでよくわからない場所へ来てしまう……ろくに金も持ってないので生活費を稼ぐために立ち寄った町や村で自分が作った魔道具を売る露店を開くことを思いつく彼女、オートマタの黒鉄との自由気ままな旅が始まる。
    一方婚約者のイズクやコブリーは国中と家族から大バッシング、連れ戻して来なければ立場がない二人はエマを探す旅へと出て、あっちこっちで酷い目に遭う。
    文字数 14,644 最終更新日 2022.1.16 登録日 2022.1.8
  • 40
    短編 完結 なし
    お気に入り : 55 24h.ポイント : 0
    『王太子の側室である姉姫が側近の子をみごもった。このことが知れたら一族は破滅だ。苦肉の策として、双子の妹である私が替え玉として王宮に送られることになる。幼い頃、家族と生き別れ、刺客として育てられた私だが、大切な姉姫のためにも、王太子にさとられないよう側室として振る舞うのだ』
    だが、妹の思惑とは裏腹に、王太子と王太子の命を狙う凄腕の刺客をまじえた、奇妙な三角関係が始まる──

    初めて書いた短編連載です。読んでくださった皆様ありがとうございました。
    文字数 26,647 最終更新日 2023.2.26 登録日 2023.1.26
45
前へ 1 2 次へ